イメージ画像

ニセコキャンプから帰ってきました


ただいまっ!

帰ってまいりました。雨のニセコから。(´_`)

前回の記事でも天気が悪いと書きましたが晴れている写真だったので嘘くさくなってしまいましたね。

実は行った当日の夕方までは良い天気だったのですが、夜から霧が出て・・・雨になり・・・それから今日までずっと雨でした。

 

日頃の行いなのか修行が足りないのか・・・とにかくその後はずっと雨で、本日の撤収もずっと雨の中びしょ濡れになりながらの作業でした。

撤収作業が終わったとたんにやみましたけどね。(○`ε´○)

 

そんな訳でせっかく五色温泉の野営場(名称はニセコ野営場)にいて、ニセコアンヌプリの登山道入り口だと言うのに登山もせず。羊蹄山も見えず。

ひたすらスクリーンの中でのんびりして(飲んだくれて)いました。

 

なんだかなぁ~でありましたが、温泉だけは五色温泉(旅館)と雪秩父(国民宿舎:湯元温泉)のお風呂両方を堪能してまいりました。

もともと今回のニセコキャンプは我が娘(小学4年生:愛称チビむす)が、たまたまテレビで泥湯を取り上げた旅番組を見て、「泥のお風呂入りた~い」と言い出したのがきっかけ。

「泥湯なら北海道にもあるぞ」(テレビでやってたのは秋田かどこかだった)と言うことで泥湯のあるニセコ行きが決まったのでありました。

 

ですからなんとしても泥湯だけははずせない。・・・とはいうもののあまり雨がひどいと露天風呂もきつい。・・・神様お願いしまふ・・・

と神頼みの甲斐あってか雨雲の切れ間に急いで入浴。急いでとは言ってもそれなりにゆっくり堪能することが出来ました。

・・・が、肝心のチビむすは行く前の期待値があまりに高すぎて自らハードルを上げ過ぎてしまったためにイマイチ不満げでありましたが。

(本人はもっとドロドロなのだと思ってたらしいのですが・・・んなわけないですもんね^^;)

 

とにかく天気には恵まれなかった今回のキャンプでしたが、雨の中の撤収作業を終え、帰途に立ち寄ったのは京極町のお蕎麦屋さん「一心庵」。

これが大正解で、ココのおそばがウマイウマイ!

現地からツイートもしましたが、ミカは「たぬきそば」チビむすは「ざるそば」息子(愛称まる男)は「冷やしたぬきそば」、そして私は「鶏せいろとミニ天丼」。

どれも美味しくて最高でした。おそばは細めの更科風(?)なのかな。細いけどしっかりコシもあってとてもウマイ。

細い蕎麦はのど越しも良いですよね~。

 

めんつゆもダシが効いていてとってもウマイ。(ミカはちょっとしょっぱいと言ってましたが私的にはちょうど良かったです)

京極町と言えば名水の郷として有名ですが、その水を使ったこちらのお蕎麦も絶品オススメであります。

 

このお蕎麦のレポートは「夫の作る晩御飯」にも書いてますのでよろしければご覧くださいませ。(*_ _)

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ