イメージ画像

むかわ町 穂別キャンプ場 その3


若干火が通り過ぎたローストビーフで2日目の朝が明けました。

さぁ今日はどうしようかな~

今日は子供達を連れて穂別町内の博物館めぐりです。

この穂別には
「穂別博物館」
「穂別地球体験館」
という二つの博物館があり、なかなか楽しめます。
(・・・あ~、これは「だそうです」ですね。ネット情報を鵜呑みにしてはいけませんからね)

この二つの博物館を見て回り、
「樹海温泉はくあ」と言う温泉に入って帰ってこようというのが本日の予定。

朝はのんびりまったりと過ごし、
隣の隙間族の方々が1泊で撤収したあとには結界・・・洗濯ロープを張り、
11時近くなってから出発しました。

まずはじめに地球体験館に入館。
ココでは決められた時間ごとに係りのお姉さんが案内してくれるシステムです。

案内の出発時間まで少しありましたので
向かいにある穂別博物館を先に見学することにしました。

穂別博物館ではこの地域で発見された化石(ホベツアラキリュウなど)の復元模型などを見学。
恐竜好きな子供さんには楽しい博物館なのではないでしょうか。
我が家的には正直言うとチト微妙でしたが。

さて時間になりましたので地球体験館に戻ります。
コチラの案内をしてくださるおねぇさんは4名いらっしゃるそうなのですが、
どなたもキャワイイお綺麗です。^^

さぁ子供が・・・コ・ド・モが大喜びのツアーに出発です。イクゾーッ!

これが、正直なところ、本当に面白かった。
ディズニーランドとまではいかないものの、
なかなかのアトラクションでありましたよ。

地球上の様々な気候・・・

熱帯のジャングルや


乾燥した砂漠など

そして太古の地球・・・

若干しょぼいですが愛嬌愛嬌^^

未来の地球・・・

いずれまた氷河期がくるかも?


といった世界を体験できるんです。

そしてこれらの展示ルームでは温度もその世界に合わせられています。
ですから砂漠では暑く(40℃に設定されているそうです)
氷河期の部屋では寒く(聞き忘れましたがマイナス温度です。マジで寒いっ!)

そして最後は宇宙空間まで。
(暗い部屋に無数の星々がきらめく幻想的な空間でしたが、暗くて写真は取れません
ココの温度は常温でしたが^^)

とにかく楽しめる地球体験館でした。
お姉さんはかわいいしね。ウン。

そんな地球体験館でテンションアゲアゲの我が家(って父だけか?)は
きれいなお姉さんに後ろ髪を引かれつつ(って父だけだな)
穂別博物館に戻り、化石のレプリカ作りにチャレンジです。

これは実際の化石からとった「型」に石膏を流し込んでレプリカを作成する体験。


無料でも出来るのですが、
我が家の子供たちは「より」豊富な種類の化石から選べる100円コースを選択。
おぉ!リッチじゃん、我が家。

まずは型を選んで・・・


石膏の量を測って・・・


よ~く混ぜたら・・・


型に流し込みます。


あとは軽くトントンして空気を抜いたら固まるまで待ちます。

固まるのを待つ間、さらに隣にある中村記念館へ。
コチラはこの地域の開拓先駆者、中村平八郎氏の住宅を保存しているものですが、
我が家の子供達にはちょっと早いようでした。^^;

そんなところで時刻は1時を過ぎ、
腹の虫もピ~ヒャラ鳴きだしましたので地球体験館のお姉さんに聞いたお勧めのお店へ。

カフェ 木蓮。
こちら、高齢のご夫婦が経営されているカフェなのですが、
店内は新しく清潔でおしゃれ。

ちびむすはチャーハン、マルオはなぜかざるそば。
ワタシは地球体験館のお姉さんお勧めのメンチカツ定食大盛り。
ミカはお姉さんお勧めその2、オムカレー。

お姉さんが言っていた通りオーダーから出てくるまではかなり待ちます。
マルオがグダグダ言い出して、腹減った父ちゃんが大声で叱りそうになるギリギリ位のタイミングで
出てきましたよ~~~~~

これっ!うまいっ!メンチカツッ!テヅクリッ!
あんまり腹が減ってたのと美味しいのとで写真も撮らずに食べちゃいましたが、
いやぁチャーハンもメンチカツもカレーも美味しかったです。

特にメンチカツ定食は衣がサクッ!中のお肉がジュワ~!
付け合せの野菜(サラダ)もタップリ!
更に手作り卵焼きも付いてますっ!(これがまた旨い!)

定食だけじゃなく、他のメニューも量が多い!
メンチカツ定食は大盛りにした事を後悔しました。
ちびむすは半分くらいしか食べられず、ミカも残しました。
最終的には父ちゃんが無理して全部食べましたが、
普通の喫茶店お食事メニューに比べたら1.5~2倍の量はあると思います。

ん~~~~穂別にこんな店があるとは。
穂別・・・恐るべし!

(地球体験館のお姉さんのおかげで)
大満足の腹いっぱいになった我が家は先ほど作った化石のレプリカを頂いてから
「樹海温泉はくあ」に向かったのであります。

つづく・・・

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ