イメージ画像

函館観光キャンプ・・・1日目の1


どうもです。

皆さん、今年の夏休みはどのように過ごされましたでしょうか?

我が家はちょっと足を伸ばして函館へ行ってまいりました。

 

函館は幕末好きのワタシにとっては行きたい場所がいっぱいあり、
北海道生まれで日本の歴史を学ぶ上でどうしても実感が持てない奥さんと子供たちに、
日本史を少しでも身近に感じてもらうのに絶好の場所であろうと考えて決定しました。

 

それだけに行く前からどこを周るとか、何を食べるとかの下調べは(珍しく)綿密に行いました。

・・・で、決めた宿営地は東大沼キャンプ場であります。

行ったのは2012年8月15日~19日の4泊5日。
どんな旅だったのか、レポートのはじまりはじまり~~~

 

 

さて出発前日は定刻どおり17時まで仕事。

家に帰ってから荷物を積み込み準備万端であります。

翌朝は予定通りの6時出発。高速利用にて一路函館方面へ向かいます。

我が家の住む江別市からは一旦札幌方面へ向かい、
そこから千歳方面~苫小牧~室蘭と経由して函館方面へ向かうのが高速道路。

中山峠を貫通するルートが出来ればもっとも~~~っと便利になると思うのですが、
それでも最近は森町まで開通した事もあって函館がかなり近くなりました。

途中有珠山と昭和新山の見える有珠山SAで休憩して

記念撮影準備中のおくさまです。遠くに見えるのが有珠&昭和新山

あとは森ICまでまっしぐら。
宿営地である東大沼キャンプ場には10:30ころ到着です。

 

ん~~~混んでます。

それなりに間隔を空けて皆さん張ってはいるものの、
やはりこの時期だけに混んでいます。

さぁどうしよう、どこに張ろうかと悩んでいると・・・

あるご家族が撤収中。

しかもなかなかに良さげな木陰の場所です。

そのご家族が撤収した跡地に我が家が設営することにし、
しばし撤収を待った後で設営いたしました。

 
さて、何とか今夜の寝床も作り
持参したおにぎりで昼食をとった後は・・・

今回初めのアクティビティへ・・・GO!

ハイッ!やってきましたのはキャンプ場から車で20分程度のところにある
しかべ間歇泉公園

コチラはその名の通り間歇泉のある公園です。

入場料大人300円小人200円を払って中へ。

正直言って「へ?これだけ?」と言うくらい小さな「公園」ではあります。

公園の全体写真です

でも10分に一度噴き出す迫力ある間歇泉。
お湯が噴き出すたびに子供たちは大喜びで間近まで駆けつけます。^^

正面に見える壁の向こう側が通路になっており、
間近からお湯の噴出する様を見学する事ができます。

大人にしてみれば一度見れば「ほうほう」・・・で終わりの気もしますが、
子供たちは大変喜んで何度も見ておりました。

そして、この公園内(写真の右側あたり)には足湯もありまして・・・

おや?一人増えてます?
(うちの子ではありません^^)

みんなぬくぬくぽかぽかいい気持ち。

大人300円ならそれなりに楽しい公園ではないでしょうか。
子供たちも喜んでいたし、珍しい間歇泉も見れるので一度は行ってもよいのではないでしょうかね。一度は。^^

間歇泉公園でのんびり楽しんだ我々はキャンプ場に戻ってきました。

今日のところはこの後特に予定もないのでのんびりです。

大沼団子でも買いに行くか?なんて話していた16:30ころ。

大事件勃発!でありますっ!

その大事件とはっ!

(次回函館観光キャンプ・・・1日目の2につづくのだっ!)

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ