イメージ画像

2013年初キャンプ・・・その1


行ってきましたよ~~~

先日書いた通り雪中キャンプを決行しました。

 

 

 

 

 

と言ってもこの間下見してきた江別森林キャンプ場ですのでチョイと一泊という

感じではありますが、この厳冬期にキャンプ泊ですからね。

なかなか気合入れないと厳しいものがあります。

 

荷物をソリに積めるかどうかシミュレーションし、何とか積める事を確認して出発です。

先日スノーシューの試乗の際に下見した通り、

除雪の終点地点までは車で移動してそこからスノーシューを履いて・・・

スノーシュー・・・履いて・・・???

 

 

 

 

除雪されてんじゃん・・・^^;

除雪の終点地点は前回下見した地点で変更なかったのですが、

そこからキャンプ場方面へ向かう道へ出ると

前回は除雪されていなかったのに今回は除雪されていました。

「ん~これではスノーシューが要らないではないか」

まぁ、歩きやすいのはありがたいのですが、せっかくのスノーシューが役立たず残念。TT

 

ちょっと気落ちしましたが何とか気を取り直して出発します。

ソリを引いて歩くと言うのは意外(?)にも結構疲れますな。

もちろんコレだけの荷物を持って歩くことを思えば全然楽なんでしょうけど、

メタボ親父にはそれでも結構重く力が必要です。

ヨッコイショヨッコイショとがんばってソリを引くこと(わずか)約1.4km。

なかなか良い汗かいたな~というところでキャンプ場へ到着。

到着したらすぐに設営準備。

 

 

まずは雪を掘ってテントを張ります。

まぁ雪は掘らなくても良いと言えば良いのですが、

こうすると雪の壁が風除けになって暖かいんですよ。

コレはずっと前に冬キャンしたときに学んだ事です。

結構大変なんですけどね、コレだけ掘るのは。

 

 

 

 

ここでもいい汗かきましたよ。

ちなみに長袖Tシャツ1枚しか

着てませんが汗が出ます。

(いや、汗より腹が・・・)

 

まぁ腹は出てますが、汗もタップリかいたところでテントを張り

作業を終えると急速に冷えるのでとりあえずフリースを羽織ってパチリ。

 

 

イェ~~

 

 

 

さて、今回テントを張ったのは「江別森林公園キャンプ場」の炊事場の隣。

こんな感じで張りました。

もちろん炊事場自体は水も止まっているし、
そういう意味では利用できないことは
承知の上ですが、屋根があって壁で囲まれた
炊事場は利用価値大であります。

 

っちゅう事でこんな感じでセッティング。

 

 

 

 

さぁ準備もできたし

 

 

 

っくぅぅぅぅぅ~~~っ

何はなくとも暑くても寒くても・・・コレ抜きでは・・・ねぇ?^^

と、言う事で500mlX1+350mlX1を一気に飲み干し・・・

ひ、冷えるのぅ・・・当たり前ながらカラダも一気に冷えましたな。(ノ´_`)

 

 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] え?軟弱だって? いやぁこの時期の寒さって一番効くんですよねぇ~ どうせなら真冬の厳冬期キャンプのほうが気合も入っているのでまだ我慢できるんですが。 […]

  2. […] その中には去年雪中キャンプもしたキャンプ場や、 北海道100年を記念した100年記念塔、開拓の村(野外博物館)などもあります。 詳しくは北海道のページや自然ふれあい交流館のページをご覧ください。   そんな野幌森林公園ですが、今日は↑にもリンクさせてもらった自然ふれあい交流館のある大沢口からアクセスします。 (森林公園内の案内図はこちら) […]

コメント


コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ