イメージ画像

二風谷ファミリーランドオートキャンプ場・・・その3


割りと少なめにやさしく飲んで寝ましたので快調に目覚めた二日目の朝です。

本日の目的はもちろん!ネギ!の収穫であります。
天気のほうも何とか降らずにもっています。

サクッと朝食を済ませ、
のんびりとコーヒーなんか飲んで時計を見れば10時過ぎ。

さてさて、そろそろ行きますかね。
と言う事で拓ちゃんにも声を掛けます。
「お~いそろそろネギ採り行くべ~」
「おう、行くべ行くべ。ちょっと用意するから待ってくれや。
ところでやっぱ長靴の方がいいかい?」
「んだな、やっぱこういうときは長靴だべ」
などと会話しているとミカも行くと言い出したので早く用意するように伝えます。

AO自身は既に容易万端できていたのですが・・・
人の準備するのを待ってるのって長く感じますよね?
そこで!ちょいと探索に行って見ました。

すると!おぉ!めちゃめちゃ大量に生えている場所を発見!
うぉぉぉぉぉぉ~~~~!こ、これはすごい!
思わず一人で先走って収穫!
20分ほどで20Lほどのビニール袋に一杯取れちゃいました。

が、そろそろ拓ちゃんとミカの用意もできているはず。
あまり一人で取ってると抜け駆けしたようで怒られそうなので一旦戻ることにしました。

「拓ちゃ~ん、今さぁ、ちょいと偵察に行ったら大量に生えててさぁ。
思わずこんなに採ってきちゃったよ~」
と、収穫物を見せたところ、
「な、なに~!何で一人で行くねん!ワリャァ~」
と予想通りの反応。

「いやぁワリィワリィ。まぁまだいっぱいあるからさ。」
と言う事で今度は二人で採りに行きました。

 
このワタシが発見したエリアの収穫量がスゴイのなんの。
採ろうと思えばいくらでも取れるほどの群生地帯です。
ただし!地形はかなり急斜面のガケ
高さは5m以上はあるでしょうね。
まぁ落ちたらただでは済まないことは誰にでも想像できるような場所です。

写真で見るとそれほど急には見えませんがね。
実際にはなかなかのガケであります。

が!だからこそ山菜爺さんや婆さんに収穫されず、
我々が大量にゲットできるってもんですぜ、イェ~~~~ v( ̄ー ̄) v

収穫中は我を忘れてオラオラ~だったので正確な時間はわかりませんが、
一時間ちょっと位頑張ったでしょうか?

気づけば結構な距離を移動しています。
・・・ということはそれだけ広範囲に群生していると言う事ですが。
いやぁこれは穴場を見つけたもんです。

しかし・・・我々もさすがに体力の限界が見えてきまして、
腹も減ってきたしベースキャンプへ戻りましょう、隊長!
と言うわけで戻ってきましたよ。

いやぁ良い運動でした。
急なガケの斜面で木につかまりながらの収穫作業。
しかも地面はずるずると滑る腐葉土。
まぁ大概こういうところに生えてるんですよね、行者ニンニクって。

テントへ戻っての昼食はインスタントラーメンならぬインスタント日本そば。
そこへ収穫したばかりのネギをオリャァ~~~っとぶち込みます。

す!するとっ!ただのインスタント日本そばがっ!
なんまらウマイっすぅぅぅぅぅ~~~っ!(((( ;゚Д゚)))
いや、まじでウマイですから。ビックラこくぐらい。

やっぱり採れたてのネギは違いますにゃぁ~~~
ん~し・あ・わ・せっ!ですわ。

ちなみに家に帰ってから新聞を敷いて広げてみたら・・・

こんな感じ。
あ・・・いえ・・・ほんとうは・・・

8リットルの果実酒用のガラス瓶で醤油付けも作ったんですがね。
ビンの中にぎっちり詰めて、それでもまだまだ残るほどでしたよ。

 

 
ウヒョヒョヒョヒョ~~~
もう今回のキャンプの目的は充分過ぎるくらいに達成しちゃいましたからね。
あとはもう飲むだけ。

・・・おっと!待て待て。
行者ニンニクと言えばジンギスカンにメチャメチャあうのよね~~
せっかく採れたてのネギがあるんだからこれはハズせないでしょーー

と言う事で次回ジンギスカンモリモリ編へと続くのであった。

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ