イメージ画像

古平家族旅行村(海水浴キャンプ)に行った・・・その2


さて到着から一夜明けまして・・・

昨夜は漁火を眺めながらのんびりとおいしいウィスキーなんぞを飲んでいたわけですが、
本日目覚めれば外は雨・・・あめ・・・アメ・・・OH!My Buddha・・・

アメ・・・ではありますが、気温は高く蒸し暑いことこの上ない。
チビむすはこの雨の中海に行くと言い張っておりますが、さすがにそれは×です。

そんなチビむすの願いが天に通じたのか、10時頃から雨がやんできました。

こうなれば行かねばならんでしょう。
いざ!海へ!
海へ行く時にはカメラは置いていきましたんで写真がない・・・
徒歩5分なので取りに帰ればよかったのですが、
自ら「私行きますッ!」という殊勝な者は我が家にはおりませぬ。

ま、でも一応携帯でとりましたよ、何枚かは。


どうです?
空いてますね~~~~
遠くにテントを張ってる方々もいらっしゃいますが、
のんびりゆったりできるレベルの混み具合です。

いやぁあずますぃ~~んでないかい?(北海道弁)
海水の温度も思ったよりずっと高くてゆっくり海に入っていても寒くありませんでした。
それどころか・・・

海にぽっかり浮かんでビールなんか飲んじゃうくらい暖かかったっす。

え?結局子供よりオッサンが一番楽しんでるんじゃねーかって?
はい、そのとおりっす。^^;

いえね。
やはり親が率先して楽しむ姿勢を見せないとね。
その方が子供たちも楽しいってもんですよ。
ね、わが子たちよ。
気温が高く暑いのでいつまで海に入っていても良かったのですが、
まだ明日もあるでしょ?ってことで今日はこの辺であがります。

あがった後はどちらへ?
こちらへ行きましたよ。
「日本海ふるびら温泉 しおさい」

え~これまた写真がありません。
海からあがってそのまま行ったのでカメラ持ってなかったんですね。
ハハハ、風呂がー、いやブロガーとしては大変オハズカシイ。

ま、ないもんはしかたがないということで。

こちらのお風呂はまた空いてましたね。
平日の昼間でしたから皆さんお仕事でしょうか?
それにしても男湯は我々の他に一人しか入ってませんでしたからゆっくりできました。

お風呂自体はそれほど広くなく、こじんまりとした感じですが
とてもよく温まる赤茶けた色のしょっぱい温泉。
触感はちょっとヌルッとした感じでした。

浴場内は小さいながらも浴槽が(たしか)3つ+サウナ+水風呂。
更に小さいながら露天風呂もありました。

地元で取れた野菜なんかも売っていてなんともアットホームな雰囲気でよかったです。

 
そんなお風呂でさっぱりした我々は昼食を取るためにこちらのお店に行って見ました。
堀食堂
(食べログのページにとびます)

こちらは創業以来100年になると言う古~い食堂。
現在の建物はそんなに古くないですが。

何でもその昔、この古平の町も道内各地の港町のご他聞に漏れず
漁業で相当栄えていたそうなんですな。
その頃にビアホールとして開業したそうで、
現在のご主人(女性)は3代目だとか。

言っちゃなんですが古平の町にビアホールとは・・・
今は面影もありませんが、昔はかなり栄えたんでしょうなぁ。

 
さて、そんな堀食堂さんの名物が「てんぷらラーメン」

ラーメンにてんぷら?
と思ったのですが、コレがナカナカいけます。
というか、かなりうまいです。

出汁がとてもおいしい塩ラーメンの上に大きなえびのてんぷらが2本ドーンッと載ってまして、
ころもはサクサク、ラーメンのスープとの相性も良いです。

写真は・・・ありませんので食べログのページで他の方が撮った写真をご覧ください。
 

海で遊んで、温泉に入って、おいしいラーメン食べて、
キャンプ場に帰ってきたら4時を過ぎておりました。

先ほどのてんぷらラーメンを食べたのが遅かったので
今夜はメシ抜きでもいいかな?
ということで・・・

また漁火を眺めながら静かに夜は更けてゆくのでありました。
 

いやぁ写真もないのに読んでいただきありがとうございました。m(_ _”m)ペコリ

つづく

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ