イメージ画像

親子3人道東の旅 その4


二日目の朝であります。
雨こそ降ってはいないもののどんよりとした曇り空でいつ降り出してもおかしくない状態。
なんとも心もとない空模様で迎えた朝です。

昨日から泊まった別海町の尾岱沼ふれあいキャンプ場バンガロー。
なかなかに快適でゆっくりと眠ることができました。

そんなキャンプ場をここらでちょっと紹介しましょう。


キャンプ場入り口には管理棟がありまして、この中にはコインシャワーや洗面所などがあります。
広い場内は海に面しておりロケーションはなかなかにグッドであります。
車はサイトの外周を一方通行で通ることができ、その通路沿いに駐車できるのでオートキャンプ状態での利用も可能となっています。
実際、まったく混んでいませんでしたので皆さんそのように利用されていましたね。

通路に車を停めてAC状態

バーベキュー用の建屋はビニールカーテン付で雨or風にも対策バッチリです。
この建屋以外にも場内数ヶ所に露天の炉があり、こちらはちょっと個性的な形態。我々の滞在中は天気も悪く利用者はいないようでしたが。
こちらはトイレ。清掃はマメにされているようで不潔な感じはしないのですが、男子トイレに限って言えば匂いが・・・シ、シドイッス。
女子トイレはさほど臭くはないとのことでしたので何か原因があるのかもしれませんね。
炊事場もキレイに清掃が行き届いているようです。

全体としてとてもキレイで広々として素晴らしいキャンプ場です。
こんなキャンプ場が近所にあれば最高だな~とは思いますが、
札幌近郊にあったらこんなに空いてはいないんでしょうな。

そんな素晴らしいキャンプ場を7:30に出発。
知床五湖を目指します。
7:30に出発なんて酒飲みの私にしては滅多にないこと。
えらい気合の入りようです。

途中知床横断道路を通り知床峠で記念撮影。

しかし霧のため見えるはずの知床連山もまったく見えず真っ白け。トホホですな。

気を取り直して再び知床五湖を目指します。

その昔、若かりし頃に来た時は知床五湖なんてただ遊歩道があるだけで、
誰でも勝手に歩けた気がしますが、
今では知床五湖フィールドハウスなんて施設があり、
ちょっとしたレクチャーを受けなければ勝手に立ち入ることができなくなっています。

それに駐車場はきれいに整備されているもののかなりの混み様。
我々が到着したのは9:30頃でしたが、
これより遅い時間ですと駐車場IN待ちで渋滞したみたいです。

われわれは何とかタイミングよくすんなり駐車でき、
レクチャー(10分程度大人250円)を受けていざ遊歩道へ。

一緒にレクチャーを受けた方々は同時にスタートとなるわけですが、

ワタクシ最後尾を歩くことになり・・・
後ろが気になります。「ク、クマいねぇだろうな」・・・と。
小心者なんでね。^^;

まぁそんな心配も始めの内だけで、歩いているうちに前を行く人々にも追いつき、
追い抜いたりしていつの間にか若干の渋滞状態になったりして・・・
やはり世界遺産に登録された影響なんでしょう。
かなりの人が訪れているようです。

ま、おかげでクマの恐怖はほとんどありませんでしたが。


五湖から一湖まで逆順にめぐり、それぞれの看板前で証拠写真をパチリ。
どうでしょう?それぞれに霧がかかっていたり晴れていたり。
変わりやすい天気がお分かりいただけますでしょうか。
それでも何とか降らなかったのはすごいと思います。
運が・・・良いのか?悪いのか?

森の中の遊歩道を抜け最後は高架木道を歩いてゴールです。

約1時間半ほどの行程でしたが、フィトンチッドを吸い気分もリフレッシュ。
やはり森の中を歩くのは気持ちが良いですね。

ゴールはスタートした場所、フィールドハウスです。
ココにはレクチャーを受ける施設の他に売店もあり、

エゾ鹿のメンチカツとか・・・

コケモモのソフトクリームなんかも販売中。

エゾ鹿のメンチカツはしっかりとしか肉の味がしておいしかったです。
1個200円もしたけど。
他にエゾ鹿肉入りコロッケなんてのもありましたよ。

コケモモのソフトクリームはさっぱりしておいしいです。
写真ではほとんど食べちゃって残ってませんけどね。

さてそんな訳で五湖散策を楽しんだ我々は羅臼方面(来た道)へと戻ります。
 

 

 
・・・そう、続くんです。
(二日目は何話まで行くのか?)
 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ