イメージ画像

親子3人道東の旅 その5


さて知床五湖を散策し、鹿肉のメンチカツなんぞをパクついた後、
我々一行は来た道を引き返して羅臼方面へ。

往路で通った知床峠は霧で真っ白け、何も見えませんでした。
復路も峠までは同様に真っ白だった(ので停まりもしませんでした)んですが、
峠を越えたあたりから一気に晴れてきましてね。
国後もバッチリ見えるとっても素敵な風景を拝むことができました。

まぁ惜しむらくは停車する場所がなかったので
素敵な風景を写真に撮る事ができなかったことですね。
こればかりはしかたがないので心のカメラで撮ったと思うことにします。(ナンツッテ~)

そんな知床峠を一気に駆け下り、
(本当は懐かしの熊の湯なんかにも寄りたかったんだけど時間の都合で割愛)
知床のドンズマリ=相泊まで行ってみます。

がっ!その前に腹が減ってきましたので昼飯にしましょうっ!
と言うことで本日のお昼ご飯は今回の旅で一度限りの豪華メシ!

今回の旅は何かと予定を詰め込んだために忙しく、
基本的にコンビニメシがメインと言うキャンパーにあるまじき体たらく。

そんな中、二日目(つまり今日)の昼飯だけは豪華に行こうではないか諸君っ!
と、当初より予定していたのでありますっ!
 
ま、ここまで来て豪華メシと言えば予想はつくと思いますが、
ウニウニウニウニ
ウニ~~~~~~ッ!すよね、やっぱ。
オレンジ色の憎い奴、いっちゃうぜ~~~イェ~~~~~~
ウニったって紫ウニ=白じゃないぜ!赤だぜ赤=エゾバフンウニ行っちゃうぜぇ~~イェ~~~~
 
と言うわけで、知床五湖のレクチャーを受けた際にもらった
「くまレク見てトクキャンペーン」の冊子

に載っていた「濱田商店」さんへ。
 
そうそう、ちょっと話が前後しますが、
知床五湖でレクチャーを受けると「立入認定証」をもらえます。

これね↑


この認定証を「くまレク見てトクキャンペーン」の冊子に載っているお店で
提示すると様々な特典を受けられるんです。

ちなみに我々が伺った濱田商店さんでは「お食事100円割引/お買い物5%割引」とのこと。
 
・・・で、その濱田商店さんでウニを堪能するべく、勇んで行った訳ですが・・・

知床のウニは漁期が6月一杯までなんですと・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・こ、ここまで来て・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そんなんありですか・・・・・・・・・・・
泣けるぜ・・・・・・・
 
で、でもよ、でもだぜ?ウ、ウニは残念だったけど、ほ、他にも旨いもんあるべ。
ほ、他の旨いもん食うべよ、な?食うべ食うべ・・・な?
んだんだ、他のうまいもん食うべ。な?な?

・・・と一同気を取り直してウニ以外の旨いもんを注文しました。
 
ワタクシが注文したのは日替り海鮮丼
じゃ~ん!
どうです?うまそうでしょう。
このボタンエビなんか特大で二条市場辺りで買えばこれ一匹で500円位はしそうなデカサです。

他のみんなが頼んだのは

鮭るいべ丼

鮭親子丼

ほたて・いくら丼


いくら丼

たらば丼


この他北海シマエビなんかも食べちゃったりしてね。贅沢やな~~~^^
 
タラバ丼なんか注文してから店の生簀にいたタラバガニ(もちろん生きてる!)をその場で捌いて茹でて焼いてドーンッ!だ。
お値段は・・・まぁソコソコするんだけんども、
このクオリティなら損はないでしょう。ウン、安いと言っても過言ではなかろう。

ま、味は・・・言うまでもないがな~~~~~
意外っちゃ意外だったのは鮭親子丼と日替り海鮮丼に入っていた焼き鮭。
これがめちゃんこ旨かったな。こんな旨い焼き鮭は初めてっつうくらい。
 

 
そんな贅沢ランチを心行くまで堪能した一行は次なる観光へと向かうのであった。
 
次なる観光とは・・・まずは相泊!
知床の果て、道路のドンズマリ。
つまりここより先には車で行けませんよ。行くなら歩きでね。
でもこの先基本的に人は住んでないかんね。
熊と鹿くらいしかいないから行くなら自己責任でね。
そこんとこ夜露死苦!
って場所ですな。

こんな看板もありましてね。

まぁだからと言って観光と言うほどのものは何もないドンズマリなわけで・・・

こんな・・・なんだか誰かの人生を現しているかのような
看板の前で記念撮影するくらいしかないのでありますがね。^^;

あ、知る人ぞ知る「熊の穴」はお休み?のようで閉まってました。
 
さて、そんなディープ?な場所のあとはそれなりにメジャーな温泉でも行って見ましょうか。

この近く(道沿い)には相泊温泉瀬石温泉と言う二つの海岸ぷちの温泉があります。

この二つの温泉はすぐ近く(並んでいると言うくらい至近距離)にあるのですが、
せっかくここまで来たのだからとりあえずどちらかだけでも押さえておきたいところですな。

我々の場合、相泊温泉がちょっと混んでそうだったので瀬石温泉へ行ってみました。
すると見事に誰もおらず貸しきり状態。ヤッターッ!

というわけで・・・

キモチイイ~~~~~~ッ!

あ、写真デカイっすか?^^;
本来なら素っ裸で入りたいところだったんですが、
拓ちゃんの奥様やその他のうら若きお嬢様数名に見られていたもので・・・
一応水着着用で失礼します。

20ウン年ぶりで入りましたが良いお湯ですな~~~

そうそう、この瀬石温泉は「北の国から2002」のロケ地でもあります。
そういえば羅臼には「純の番屋」ってのもあったな~
ほとんど興味ないのですっ飛ばしましたが。ハハハ

 
そんな訳でうまい飯も食ったし、
ドンズマリも行ったし、
野趣タップリの温泉にも入ったし、
本日の予定は大体クリアしましたのでキャンプ場へ帰ります。
 
キャンプ場まではこの瀬石からですと約80km。
サクッと走って1時間程度で帰れます。(オイオイ・・・^^;)

途中セイコーマートによって本日の夕食(カツドン)と燃料(スパークリングワイン)を調達。
 
いやぁ今日も1日、何とか雨に降られず知床の夏を満喫することができました。
あと二日、何とか降らずにもってほしいものです。
 

 
3日目につづく
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ