イメージ画像

親子3人道東の旅 その6


え~瀬石温泉ではお湯に浸かっている時、
顔も体型も出川哲郎クリソツと言われたワタクシですが
皆様いかがお過ごしでしょうか?
(ナンダソリャ)

さて早くも(早くないってか?^^;)3日目の朝でございます。
日ごろから節制生活が板についているボクちゃんは夕べも軽く飲んだだけでサクッと就寝。
今朝も6:00頃から起きております。(スバラスィ~~~)
一部には単に老いたための早起きではないかとの声もありますが断固無視します。
さぁ本日は撤収です。(と言ってもバンガロー泊ですが)
まずはテント内をかたずけて(と言ってもたいして荷物も出してませんが)
夜中の雨で濡れたテントはしかたがないのでそのまま畳んで(と言ってもスクリーンだけだけど)
・・・ま、とにかく撤収です。

キャンプ場の管理棟で管理人さんにみんな揃ってご挨拶。

我が家の愛車、平成14年型セレナちゃん

・・・と、拓ちゃんの愛車平成24年型キャラバン

イイナーシンシャ・・・

それぞれ準備OKと言うことで予定より若干早く9:30出発です。

今日は摩周湖・屈斜路湖を回って層雲峡へ向かいます。
ホテルの予約を取っているのですが何時に着くかなぁ。

拓ちゃんは16時には着きたいとか言ってましたが、
そのくせ鉄ちゃんに人気の秘境駅「上白滝駅」に寄りたい(←かなり遠回り)とか言ってるので
「そんなん行ってたら何時に着くかわからんがな」
「あかんあかん却下や却下ッ!」
って事で基本に忠実なルートで向かうこととなりました。

さすが北海道ですな。お盆も近いと言うのにほとんどの道が快調に飛ばせます。
「何もないな 誰もいな~いな 快適なスピードで~」(by奥田民生・イージューライダー)
ってなもんですわ。ん~~快調快調。

そんなこんなでサクッと摩周湖に到着。
第3展望台へ。・・・あれ?ここって有料?だったけか?(と言っても20年以上前の記憶だが)
・・・少なくとも現在は有料のようで、駐車料金410円也。(硫黄山の駐車場も込み)
ムムム・・・まぁ入ってしまったから仕方あるまい。mmm・・・

しかしそうは言っても摩周湖。フムフム。なかなかにきれいでありますな。
我が一行にはうら若き未婚の乙女が2名もおるのですが、
こうキレイに晴れた摩周湖を見てしまっては婚期も遅れるってもんですな。

父ちゃん的にはなんともうれしい限りですが。

と言うほどに晴れちゃいましたよ。どうよっ!はっはーーー!
この旅で一番の好天に恵まれております本日です。

そんな素晴らしいお天気の中、せっかく駐車場代も払ったことだし、
硫黄山も行ってみるべと言うことで向かいます。

正直なところ「ついで」に寄ってみたんですが、
これがなかなかダイナミックで迫力があります。

硫黄の匂いが辺りに充満しまさに硫黄山。
湯気も上がって近くに寄るだけで熱くてたまらないほど。

・・・あ、そう言えば20ウン年前にもココ来た様な気がします。
(写真探したけどなかった・・・TT)

さて硫黄山でダイナミックな自然を堪能した一行は屈斜路湖へ・・・向かうはずだったのですが
ちと時間が押し気味なので屈斜路湖はパスしてですな。
拓ちゃんたっての希望で美幌辺りで旨いそばでも食おうと言うことに。

そう、この辺りはそばの産地なのですよ。
新そばの時期には早いものの本場のそばを食ってやろうと言う
大人じゃ~んな予定変更。
ん~~~贅沢は一回だけじゃなかったのか?・・・ま、そばくらい良かろう。( ̄ー ̄)ニヤリッ

 
こうして向かった美幌町だったのですが、
その道すがら、同道だと思うのですがちょっとした峠道のパーキングから屈斜路湖が。
しかもドピーカンの素晴らしい絶景です!

こりゃ間違いなく日頃の行いの賜物ですな。ありがたやありがたや・・・
 
で、美幌町。さてと蕎麦蕎麦・・・
と、ところがですよ。
どうしたわけか美幌町内の蕎麦屋さん2軒ほど廻ってみましたがどちらも満員御礼状態。

我々は先を急ぐ旅の者ゆえ、悠長に待っておるわけには参らぬ。
致し方ない、道中どこか適当なところで食すといたそう。

・・・と、断念。先へ進むことにします。
そしてさしかかった端野町でそば屋さん発見!
しかも「十割そば」の看板あり!
イクベシイクベシドヤドヤドヤ・・・ということで念願のそばを食べたのでした。

若干太めの田舎そばでしたが大変おいしゅうございました。
あ”、写真撮ってねーし・・・

え~、そんな訳で先を急ぎます。
 
北見市内で若干の渋滞(と言うほどでもないけど)にあった以外は概ね快調に走り、
(途中拓ちゃん妻の運転中は遅くて眠かったけどナー)
16時頃には層雲峡近くまで到着。

この分なら余裕やな、と言うことで大函

と銀河の滝

滝を飲む男


・流星の滝

修行中の男


を観光。

大函では旧道の真っ暗な古い隧道の中に観音様?お地蔵さん?があるのにゾ~~~~ッ!
子ども達はキャーキャーでした。
ワタシは20ウン年前に見て知ってましたが、
やはりここはちょっと怖いです、ハイ。
 

 
このあと予定より少し早く17:30にホテルへチェックイン。
で・・・
 

 

 

 

 
つづく・・・んですな。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ