イメージ画像

2017ねぶた参戦記・・・6


あぁ・・・ついに夜間運行は終わってしまいました。
ここまで来るともう気持ち的には撤収モードです。

なんて言いつつ朝から呑んでますが。

夕べ(?)は朝6時まで呑んでいまして、
今朝は8時には起きてしまいました。(だって暑くて寝てられないんだもん)
ほとんど仮眠って世界ですな。

後半になってわかったことがあります。
飲み物について。

ビールは多量に飲むと飽きる。
もう、とにかく味が・・・苦いと言う以外旨みを感じなくなっちゃって
ただただひたすら苦いと言う・・・

そこで缶チューハイを飲んだりするんだけど、
こちらはこちらで甘すぎる。
はじめはフレッシュな感じがするんだけど、
これまた呑み続けているとベタベタ甘くてお腹いっぱいになっちゃう感じ。

結局最終的にたどり着いたのが缶水割りウィスキー。

これはさっぱりしていて甘くないし苦くもない。
自分がウィスキー好きって事ももちろんあるけど、
なんだかんだ言ってコレが一番呑み易いかもしれない。

じゃぁビンでウィスキー買って自分で水割りにして呑めばいいじゃん?と思うかもしれません。
・・・が、それはとても危険なことです。

そこら辺にある酒をかたっぱじから混ぜてスペシャルカクテルを飲まされちゃう可能性があるから。
そんなもん飲まされたら死んじゃいますから。

プシュッと自分で開けて飲める信用できる缶入りが一番です。

 
と今頃になって気づきましたよ。

コレも修行の成果でしょうか。
 

ワタシは今夜のフェリーで函館に渡って帰るので
昼間の内に撤収を完了させちゃいました。
DSC_0229a
なんだか後ろに犬のおしっこみたいな格好してる人が写り込んでますが気にしないでください。
 

で、今日はさすがにラーメンを食う気もしなかったので
缶入りウィスキーの水割りをやさしく呑んでいましたが、
それでもやはり腹は減る。

と言うことで、最後だし、ちょっと贅沢に刺身でも買って来るかね。
ってんでちょいとスーパーへ行って
マグロ・イカ・ホタテを購入し、
キャンプ場の炊事場でさばいてみんなで食いました。

うまかったっす。
マグロは生の本マグロ。
北海道より青森のほうが魚は旨いな。ウン、間違いない。
写真撮ればよかったな。
 

この間に若者たち(キャンプ場の他のライダー&キャンパーたち)は
最終日の昼間の運行に出かけている人もいました。

我々も昔は昼運行まで跳ねに行ってたんですが、
昼間はやはりあまり盛り上がらないんですよね。

それにこの時期この気温の昼間に跳ねるってのはちょっと無謀であります。
特に年寄りはぶっ倒れますよ。

ってことで我々年寄りはキャンプ場でおいしい魚食って、のんびり呑んでいる事にしました。

 
やがて日が傾き、夕刻になってきますとどこか遠くからお囃子が聞こえたような気がします。
どうやら海上運行が始まったようです。

今年の各章受賞ねぶたを曳き舟に載せ、青森港をグルッと回る最終日よるのイベントです。

それと同時にたくさんの花火が空を彩ります。
 

このイベントも昔は街の方へ行って見物したのですが、人が多くて混雑混雑なんですよね。
なもんですから昨今はキャンプ場から花火見物としています。

それでも花火はぜんぜん綺麗に見えるんですよ。
キャンプ場からお酒飲みながらゆっくり見物したほうがあずましいです。ハイ。

 

そんな花火も21時で終了です。

はぁ~終わっちまったなぁ
これでぜ~んぶ終わりだなぁ

祭りの後って何でこんなに悲しくてさびしいんでしょう。
でもそれがまた来年来ようって思わせるんですよね。

 

既に撤収して次の目的地に向けて旅立ったライダーも多数います。
キャンプ場の開設期間も明日まで。

フェリーの出航時間は2:40なのでそれまでの時間は
随分とテントの少なくなったキャンプ場内を眺めながら感傷に浸りつつやっぱり呑んでました。
 

時間になりKちゃんやカスコさんたちに見送られてフェリーターミナルへ。
(あ、もちろんバイクは押していきましたってことに・・・
ワタシの2017ねぶたも終わりを告げたのでした。
 

 
おしまい
 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ