イメージ画像

網走へ流氷を見に行ってきた・・・しょにょ5


さぁいよいよ(やっと?)網走流氷観光ツアー最終回(たぶん)

列車運休によって家に帰れなくなりつつある

我らヘッポコ旅団の運命やいかに!の回であります。予定では最終回であります。


駅では列車運休の知らせを受けて駅員さんに問い合わせる人々の長い列が。

その列に並び、やっとこさ自分の番がまわってきたAOが駅員さんに聞きます。

AO
「オホーツク6号は運休なんですね」

恐らく皆さんに同じ質問をされている駅員さん
「(だから掲示板に書いてあるべ?的な雰囲気で)
ハイ、運休が決まってます」(フッ)

AO
「では他に札幌方面へ帰る方法はないですよね?」

駅員
「まぁ釧路周りで帰る手もありますがね、そっちもいつ止まるかわからんし、
順調に言っても着くのは夜中ですね」(フフッ)

AO
「ぬぬ~で、では運休になった列車の次の列車に振り替えてくだされ」

駅員
「良いですけど、次の列車も運休になるかもしれませんよ。
今の時点ではまだわからないですけんども」(フフフッ)

AO
「ぐぬぬぬぬ~~~い、いやそれでも一縷の望みを賭けるしかないのじゃ。
お願いいたす。ぐぬぬ~~~」

と言うわけで完全に上下関係となってしまった我々とJR駅員さんであったが、

何とか次の列車の指定席に振り替えてもらう事ができたのでありました。

 

ですが、次の列車も遅れるのは必至。

 

この時点より2時間以上やることがない我々。

外は氷点下であります。

ん~快晴の網走の空が恨めしい。

 

 

結局近くのヴィクトリアステーションでサラダバーとドリンクバーを頼み、

総勢9人の暇つぶし大会と相成りました。

 

その後何とか到着した特急オホーツクの風に乗ることができ、

途中までしか行けずに列車が運休する恐怖感を抱えたまま帰路に着いたのでした。

まぁ結果的には2時間半遅れながら何とか札幌まで帰る事はできました。

札幌駅から家までも帰れましたしね。

 

 

でも、家に着いたら夜の11時。

それから雪かき。(雪かきしないと家に入れない状況になってました)

ひゃぁ~~~~~~つっかれた~~~

いやぁ参ったね~

網走と札幌ではこうも天気が違うものかと思い知らされた旅行でありました。

最終回はサラッと軽く(写真も全くなく^^;)終わっていくのでありました・・・

ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. えふぅ より:

    いや〜こちらはすっかり読んでなくてコメント遅くなっちゃいましたよ(^^;

    ちっちゃいネタを、のばーしてのばーして使うのはどっかのブログのいつもの技ですが何か?(笑)

    いや〜流氷にカニ!うらやますぃ〜〜♪

    じんましん出るまで蟹たべたいっすよ〜。

    それにしても今回の北海道での猛烈な吹雪、10年以上前に
    岩見沢で体験した猛烈な地吹雪を思い出しましたよ。

    細い農道で10台ぐらい前の車が立ち往生。
    みるみるうちに雪に埋まって行く自分の車。

    このままじゃヤバいぜ!!って言う所でなんとか前が動き出して難を
    逃れましたが今思い出しても恐ろしい思い出です。

    真冬の北海道は命がけですよね・・・(^^;。

    • ao(あお) より:

      いやいや、主のワタシも自分のブログ久しぶりに見ましたよ。^^;
      そしたらコメントいただいていて・・・これは失敬いたしました。

      いや、しかしこの冬の爆弾低気圧はすごかったです。
      実際亡くなった方もいますからね。

      でもってなぜか毎週末になると来るんですな、この爆弾が。
      まぁ私たちは遊びで旅行に行ったわけで、
      行くにせよやめるにせよあくまで自己責任だったわけですが、
      週末も仕事のドライバーさんなんかは本当に大変だったんじゃないかと思います。

      そんな北海道も最近やっと春めいてきまして、
      我が家の庭の積雪0cm宣言が出るのも数日中かと思われます。
      雪がなくなったらまずは一度庭にテント張ってみたいですな。

      やはり北海道の春はウキウキするです。ハイ。


コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ