イメージ画像

野幌森林公園・瑞穂の池へ(スノーシューイング)


おぉ、本日は連投ですな。
(ナイフの記事は前に書いてあったんですけどね)
昨日は前も見えないほどの吹雪&地吹雪だった我が江別市と札幌界隈でしたが、
本日はうって変わって朝から良いお天気であります。

休みですのでのんびりと9時頃に布団から這い出したのですが、
この天気を見て即決!
行こう!野幌森林公園!

 

ってな訳で一応、・・・そう、本当に一応家族の皆さんにもお声掛けをしたところ、
予想外に息子のマルオが行くと言い出しましたね。

まぁもしかしたらミカが行くって言うかも?とは思っていましたが、
家族の中で一番インドア派
(目下ゲーム禁止令中なので趣味は将棋)というマルオが行くなんて。

以前家族4人でスノーシューイングをしたときにも一番始めに
「足が痛い~」「足が冷たい~」「疲れた~」
と半ベソをかいていた息子です。

「寒いぞ!疲れても文句言ったら怒るぞ!」と無駄なくらいに脅かしたんですが、
なぜか今日に限って行く気マンマン。^^;

私としては正直なところ足手まといになったらいやだなぁ・・・なんて気もしたんですが、
まぁそこまで言うならたまには男同士、がんばって行くか!と言うことで10時過ぎに出発!

 
まずは近所のどんぐり(←札幌で有名なパン屋さん)で食料(おやつ)を調達。
その後野幌森林公園の大沢口へ向かいます。
 
 
この野幌森林公園。
北海道以外の方はご存じないかもしれませんが、広大な敷地は2053ha。
と言われてもピンと来ませんが、
東京ドームなら439個以上・・・ってこの説明もイマイチではありますが、
(よ、よんひゃくさんじゅうきゅうこって・・・想像できます?)
と・とにかく広大な広さの森なんですな。

その中には去年雪中キャンプもしたキャンプ場や、
北海道100年を記念した100年記念塔、開拓の村(野外博物館)などもあります。
詳しくは北海道のページ自然ふれあい交流館のページをご覧ください。
 
そんな野幌森林公園ですが、今日は↑にもリンクさせてもらった自然ふれあい交流館のある大沢口からアクセスします。
(森林公園内の案内図はこちら

この大沢口は自然ふれあい交流館で情報も手に入るし、
広めの駐車場があるのでアクセスしやすいのよね~なんて思って行ったんですが・・・

駐車場ビッチリやんっ!あおちゃんびっくりっ!

いやぁ驚きました。
こんな真冬に寒い寒~~い雪の中で遊ぼうなんて考える物好き(失礼!)がこんなにいるとは。
ぶっちゃけ夏場より混んでるんじゃない?ってなくらいですわ。

どうも見ているとほとんどの方が歩くスキー(クロスカントリースキー)のようで、
スノーシュの人はあまりいないようですが。
 
そんな訳でいったい森の中はどうなっている事かと若干びびりつつ・・・
パート2へ!

(ちょっと長くなっちゃったからね、記事分けますわ。ハイ)

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ