イメージ画像

北海道博物館へ行ってきた


どもっす!
春らしくなってきましたね。
今年はいつもの年より少し早く桜も咲き始めた北海道です。

さてそんな遅い春を迎えている北海道に、この春「北海道博物館」がオープンしました。
以前は「北海道開拓記念館」と言っていたのですが、
一昨年くらいから約一年半をかけてリニューアル。
この程「北海道博物館」として生まれ変わりました。

場所は我が家からも程近い野幌森林公園内にあり、
北海道の自然や歴史などが展示内容となっています。

リニューアルオープンしたのは2015年4月18日ですので先週になりますが、
オープン直後はきっと混んでいるだろうと思ってパス。
もう少し経ってからの方が空いていて良いかとも思ったのですが
子供たちのリクエストにより本日行くことに決定。

チャリンコでも軽くいける距離なのですが、ワタクシ風邪をひいてしまってセキがゴホゴホ。
天気も降りそうな降らなさそうな微妙な塩梅でしたので車でGO。

・・・我が家から10分程度で到着。
まぁ歩いてもこれる距離ですな。

建物は以前と変わっていないようですが・・・

内部はかなりきれいになっており2階へはエスカレーターもできていました。
(ワタシの記憶が確かならば・・・ですが、以前はなかったような気がします)

チケット売り場でチケットを購入して入館しますと、まずはマンモス君がお出迎え。

ちょうどマンモスのお腹の下にも通路があって、
ココ(つまりマンモスのお腹の下)から見上げてみることができます。

こんな感じ

ワタシの写真のテクニック不足のせいでイマイチ迫力に欠けますが
実際はマンモスのデカサを体感できるかと思います。

この他本物の化石に触れるコーナーがあったり、
アイヌ文化のコーナーがあり、
アイヌの民家「チセ」が復元されていたり言葉を聴くこともできます。

2階ではお約束の証拠写真コーナーもあります。
こちらの証拠写真コーナー、若干の注意点があります。

ご覧の通り上からの照明が強く、額及びその周辺が僅かにたいへん・・・
大変広く写る可能性がありますので一部の方は厳重な注意が必要です。

そんな危険なコーナーの他にはちょっと懐かしい・・・そう「三丁目の夕日」的なコーナーも。

トヨタ パブリカ(メチャメチャきれいで新車みたい)とか
ホンダ ピープルも展示されていました。

ホンダ ピープルはその昔ワタシが某バイク屋さんに勤めていた頃売った記憶があります。
かのホンダがかつて発売していた日本的に言えば所謂(いわゆる)モペッドですな。
普通の自転車に小型(24cc)のエンジンを載せたやつ。

始めは自力でこいで、ある程度スピードが出たところでレバーを操作すると
エンジンの駆動軸に直結した部分がタイヤに押し付けられて始動する
という言ってみれば押しガケ方式。

でもコレが非力なエンジンでフルスロットルでも時速20km程度。
スポーツタイプの自転車なら苦もなく出せる程度のスピード。^^;

で、価格は当時安売りしてたスズキ「薔薇」とかのスクーターと同じくらいしたような気がします。
同程度の値段でスクーターが買えるんだから当然売れませんわな。

ホンダに在庫があふれていて10台仕入れると1台オマケだったりした気が・・・
それでも売れなくてゴルフコンペの商品とかで使われてましたな。

(いまネットで調べてたら売ってる店があった!しかも新車!
びっくらこいたッ!欲しい方はコチラッ!
し、しかしナナマンハッセンエン(当時最終的には1万円台で売ってた)ですが・・・
ああビックリした。)

他にも石炭や泥炭、粉炭、コークスなんかを燃料に使用するストーブ
(海外製の物などもあってデザインなどがなかなか面白い)や
ママさんダンプの原型など北海道ならではの展示もあって非常に興味深い。

(ママさんダンプ・・・御存知でしょうか?
雪国ではおなじみ、人力除雪の強い見方。
スノーダンプとも言うようですが、
ワタシの周辺ではママさんダンプ(または略してママダン)で通じます。
詳しくはWikiでご覧ください。⇒コチラ

さらには小さな子供たちも楽しめる森の動物コーナー。

写真ではもうあまり小さくない小学6年生(マルオ)が楽しんでますが。

ココには熊の糞(もちろん模型)がありましたが、
これが昨年アイヌネギ採りの時に発見したもの↓

とクリソツ。
今更ながらこの糞をした御本人と遭遇しなくて良かったと胸をなでおろしました。

 

 
実は今回北海道博物館へ来たのには個人的な目的もありまして。
それはこれ。

幕末好きとしては外せない企画展だと思ったのですが、展示は2m程のケースのみ。
ちょっと残念でしたが永倉新八の「七ケ所手負場所顕ス」を拝見し
そこに近藤勇や沖田総司、池田屋といった文字を見ると興奮しましたな。
今度はもっと多くの資料を集めて特集展示をして欲しいと思いました。
 

 
さぁそんな訳で新しくなった北海道博物館。

ワタシなりにサラッとではありますが御紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
今度は女房子供と一緒ではなく、自分ひとりでゆっくりと心行くまで見てみたいと思いましたよ。
 
この博物館の周辺には「北海道開拓の村」や
百年記念塔もあります。
開拓の村は北海道の古い建物が保存されているところで、最近ではドラマ「マッサン」のロケが行われた場所として有名になりました。

皆さんも北海道へ来る機会があれば北海道博物館や開拓の村なども合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。
今まで知らなかった北海道がそこにあると思いますよ。

 

 

 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ