イメージ画像

日帰りですが・・・なにか? 2


さて神威岬にも行ったし、いいだけ歩いたし。
お次はウニうに海栗海胆雲丹
どんな字書こうとウニハウニ!とにかく喰うべし!

てな訳で向かったお店は島武意海岸近くの鱗晃(りんこう)さん。
食べログみて目星をつけといたお店なのですが、
まぁ時期が時期だし、観光客相手のお店でしょうから正直さほどの期待はしてません。
 
神威岬から積丹岬方面へ戻り、島武意海岸へいく駐車場横にお店はありました。
食べログなどによると「みさき」とか「中村屋」あたりが人気店のようですが、
店の前には車がびっしりでいつメシにありつけるかわからない状態。

その辺はリサーチ済みでしたのでまっすぐ鱗晃さんへ。
 
すんなりテーブルにつく事ができました。

でオーダーしようとしたのですが、
「今日はもう赤ウニ無くなったんですよ」と
隣の席の接客をしているおかみさんが・・・

あぁ・・・やはりもう無いのか・・・orz

休日などは大概午前中の早い時間に売り切れるとのことは聞いていたので
まぁ想定内ではありましたがやはり残念ではありますね。

念のため我が家のテーブルにオーダーとりにきた人にも確認しましたが無いものは無いです、ハイ。TT
 
しかたがないので別のものを注文。
ミカは海鮮丼、チビむすは鮭親子丼、マルオはいくら丼、ワタシは海の子三色丼。
(メニュー参照)

ちなみにウニの赤白と言うのは・・・
白ウニというのはムラサキウニ。まぁ普通のウニですな。
もちろんこれもとってもおいしいのですが・・・
赤ウニ!
これはウニの王様エゾバフンウニであります。

名前こそ馬糞とかついてますが
その味はムラサキウニとは比べ物にならないくらい濃厚で甘い。
最高に旨い一品でありますが・・・無い・・・喰えない・・・クヤシイデス!
 
そんな悔しさと一緒に各自味わいます。

ワタシが頼んだ海の子三色丼にはウニが載ってます(白ウニですが)が白ウニでもうまいっすね。
ミョウバンとか使ってない取れたてのウニですからやっぱりウマイッス。
これが赤ならもっと・・・と言うのは言わない約束で。

 
ただね、やはり観光客相手と言うか価格は高めですよね。
その割りにご飯も少ない。

ワタシャ瞬殺でしたよ、瞬殺。
ハイ、即喰い終わってしまって・・・
味は非常においしかったのですが、量的に喰い足りない。

そんなワタシにミカ様から救いのお言葉が・・・
「せっかくココまで来たんだからもうひとつ食べれば?ウニ丼とか」

おぉ!女神様!
もちろん遠慮なく頂きますとも!ウニ丼!(白だけど)

ん~ウマイッ!(白だけど)
とろけます!(白だけど)メッチャウマイッス(白だけど)
 
ま、次回は朝飯抜きで早い時間に赤喰いにきます。

 
でもって食事後は島武意海岸へ。

歩いてすぐだったので行ってみましたが海岸へは崖の上から急な道を降りなくてはなりません。
降りるということはですね、帰りは登るということなんですね。

子供二人で行ってもらいました。海岸へは。
老体は崖の上で待ってましたよ。トホホ・・・

しばらく遊んでから子ども達は帰ってきましたがやはり登りはきつかったようです。
バカメ・・・ハッハッハ
 
その後はフゴッペ洞窟何ぞに寄って家に帰りました。
 
今回は時間の都合で聖地(ニッカ余市工場)へ寄れませんでした。
赤ウニといい何かと心残りの多いドライブではありましたが、
次回の楽しみが残ったと言うことでヨシとしましょうかね。

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ