イメージ画像

最北の酒蔵に行ってきた・・・その1


ワンバンコ

ワタシの住む北海道は11月ともなれば「ほぼ」冬であります。
まぁ初冬とか晩秋ってな言い方もあるかも知れませんが、
とにかくもうバイク乗るには寒い季節ってことです。

ですが昨日11月3日は文化の日でお休み、
前日2日に職場のおばちゃん曰く
「明日は暖かくなるらしいよ。17度まで上がるってさ」
との話を小耳に挟んでしまいまして、
「こ、これは今シーズン最後にチョコッとどこか走りに行くべかな?」
と思ってしまったワタシなのでありました。

 

さて、明けて11月3日文化の日。
どこか走りに・・・と言ってもどこへ行こうか考えたのですが、
今シーズンのシメになりそうなツーリングですので目的無しって言うのもなぁ・・・
と考えまして、前から行ってみたかった「日本最北の酒蔵 国稀酒造」を目的地に決定。
国稀酒造は増毛郡増毛町
(マシケグンマシケチョウです。ゾウモウではありませんよ!お父さん!)
というフサフサしてそうで暖かそうな地にあるのですが、
この増毛というところは北海道の北西部にありまして
その名とは違ってどちらかというと寒そうな場所なのであります。

そんでも17度まで上がるというおばちゃん情報を信じて
朝9時に出発したのでありました。

今回行きは敢えて遠回りを承知の上で山側を通っていくことにしました。
先に通ったルートをお知らせしますと・・・
往路地図
(出発地は駅に設定してますがもちろん本当は自宅出発です)

遠回りと言ってもGOOGLEさんは2時間半ほどで着くと言ってますので
実際にはもう少し早く、2時間程度の行程でしょうか。

ゆっくりとワインディングを楽しみながら走るとしましょう。

9時に出発して当別町から道道に入り快適な(^^)スピードで流します。

この道はライダーに結構人気の道で、
適度なワインディングが続き、周辺に民家も少ないため交通量もまばら、
追い越し禁止区間も少なく、パンダみたいな車も滅多にいないという最高の道なのですよね。

遠回りではありますが滝川や留萌にも抜けられるので
時間があるときは是非この道がオススメであります。

ワタシがイイ感じで流しているとイキナリ
DUCATI(たぶん)Panigaleがバヒューンと抜いていきました。

ありゃぁ○20以上は軽く出てたな。
わたしゃその音でビクッ!w(゚o゚)w オオー!としてしまいましたよ。
あ~おんどろいた。

んなろぉ~~~っと思ったところで
こっちは250cc単気筒ですからね。
追いつく訳もございませんのでおとなしく見送りましたが。
ま、お気をつけて。

さて、そんなわけでのんびり(?)2桁後半~時々3桁位で気分良く走っておりますと
前方に雪を頂いた山が出現します。
DSC_0018
本当はもっと大きくキレイに見えてたんだけどなぁ。
携帯写真だとこんなもんか。

この景色が見えるのはR451にぶつかるちょっと前なので
雪をかぶった一番高い山は暑寒別岳でしょうかね?(たぶんですが)

ここでチョイとキジ撃ちをいたしまして・・・^^;

いやぁ天気は良いんですが結構寒いんですよ。
そのせいで近くなっちゃってね。
(決して歳のせいではなく寒いせいです。ゼッタイ)
本当に17度まで気温上がるのかなぁ。

え~すっきりしたら気を取り直して先へ進みましょう。

道はやがてR451に当たりますのでこれを左折します。
しばらく良くと今度は海沿いに出ましてR231オロロンラインとなります。

このR451とR231があたる辺りは海水浴場&キャンプ場がありまして、
我が家でも何度か行った事があるのですがシーズン中は道路もキャンプ場もブタ混み。
川下海浜公園キャンプ場というのですが、
混んでなければいいところなんですがねぇ。
ま、いい所だから混むんでしょうが。

そんな川下海浜公園もこの時期は閑散としておりまして
いるのは駐車場に停めた車の中でXX(チョメチョメ)してるっぽいアベックとワタシくらい。
砂浜を爆走してみようかと思ってちょっとだけ乗り入れてみたんですが
思い切りスタックしそうになって青くなったのでやめました。
アベックのお邪魔しても悪いのでサクッと海の写真撮って退散しましょう。
DSC_0020

今は~もう秋~誰も~いない海~ってか。
走り始めて口から出る歌はやはりこの歌でした。

海沿いの国道は混んでいるイメージだったのですが
意外にも空いていて快適です。
とは言え一応国道ですのでどこにハンターが潜んでいるとも限りませんので
先程より若干スピードも控えめに走ります。

 

 

海沿いに出てから30分ちょっとでしょうか。
ゾウモウ増毛町に到着です。

といったところで・・・
え?また?やっぱり? ハイ、次回に続きます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ