イメージ画像

最北の酒蔵に行ってきた・・・その2


自宅を出てから2時間ほどでお父さん憧れの地?ゾウモウ・・・
いえ、増毛(マシケ)町に到着です。

まずは何はともあれ今回の目的、
「最北の酒蔵 国稀酒造」を訪問しましょうかね。

最北の酒蔵 国稀酒造
DSC_0029
明治15年創業の酒蔵です。
酒蔵見学と試飲をすることができ、
ココでしか買えない限定酒や増毛町内だけで販売されている限定酒なども購入できます。
その他おみやげ品が販売されていたり、建物自体も歴史あるもので
のんびり歩くだけでも趣があります。

一応資料室などもありますが、
DSC_0024 DSC_0025
正直なところ酒蔵(工場)見学自体はそれほどの規模ではないので
DSC_0026
(丁度年寄りの団体さんが来ちゃったので余計ですが)
それよりもメインはやはり試飲でしょうかね。 (^¬^)ジュル…

試飲はお姉さんが説明しながら注いでくれます。
およそ10種類以上ありましたでしょうか。
全部試飲したら酔っ払いそうですな。
(っつうか味もわからなくなりそうですが)

今回ワタシはバイクでしたので、モチロンッ!
芳しき香りだけを楽しみました。
(ここで飲んだとか言おうものならまた犯罪自慢だとか言われかねませんのでね。
本当に飲んでませんよ本当に!)

香りだけを楽しんでお土産用に4合ビンを2本ほど購入。
家族と職場へのお土産用に酒饅頭も購入しました。

国稀酒造さんを後にしまして続いては・・・
国稀酒造さんからホンの数十mほどのところにあります
「旧商家丸一本間家」に立ち寄りました。

こちら実は国稀酒造さんの創業家でして
その旧家であります。

北海道の旧家では良くありがちですが、
こうした大きな家、豪商と言うんでしょうか。
御多分に洩れずこちらもニシン漁で大きくなった家のようです。

もともとは雑貨店から始まりニシン漁で大きくなって
海運業や酒造業を営んだとのことであります。

昔の北海道ってぇのは相当ニシンの恩恵にあずかってたんですなぁ。
道内そこかしこに所謂ニシン御殿が残っております。

そうした(今まで私が見てきた)ニシン御殿と比べると
こちらの建物は石造りで割り合い新しい様にお見受けしました。
なんでも現在見れるのは明治35年頃の建物だそうですが。

邸内は呉服商を営んでいた頃の店舗
DSC_0037おや番頭さん?
や、客間
DSC_0047
などが見れます。
こうしたお金持ちの古いおうちってなんとも風情があっていいですねぇ。
こういうところ見て廻るの、あたしゃぁ大好きですよ。えぇ。

基本的にこちらは石造りですが、
昔のおうちですので火事が怖いとかってこともあったのでしょう、
こんな魔除けも飾ってありました。
DSC_0046立派なものをお持ちで羨ましい限り。

入場料は400円ほど取られますが、
2階の広間
DSC_0042
では、無料のコーヒーをいただきながらくつろげますのでコスパは高いかと。^^
正直なところ今回は国稀酒造さんが目的で、
本間家は存在すら知らなかったのですがなかなかよろしかったです。
なんかちょっと得した気分でした。

さて、今回の目的がもうひとつ。

実は増毛町は今では甘エビの産地として有名でして、
是非とも名物甘えび丼を食したいっ!

と言うことで「ぐるなび」チェック!したんですが・・・
第一候補のお店は行ってみた所
「9月で閉店しました」・・・( ̄Д ̄;) ガーン
第二候補のお店は
「今混んでて1時間くらいかかるけど・・・」( ̄Д ̄;) ガーン( ̄Д ̄;) ガーン

今時期の北海道は4時ともなれば暗くなります。
3時には夕方と言う雰囲気になって風も冷たくなってきます。
そんなに待ってたら日が暮れちゃうよ・・・
何とか3時ころまでには帰りたい風切るバイク乗りとしては
時間的に厳しく、今回はなくなくあきらめました。

さぁ飯が食えないのであれば他の目的は達成しましたから
一気に帰りましょう。

帰りは日陰の多い山道ではなく
日のあたる海岸線のオロロンラインをひた走ります。

途中一台のレンタカー(バンでしたが)を追い越したところ、
なにを思ったかワタシの後ろをビタ付けで付いてきやがります。
かなりのスピードにも拘らずそのままずっときやがるもんですから
(しかもスピード落としても抜かない)
さすがに温厚なワタシも「んなぁろ~~」と思いまして
思い切りエンブレかましたらタイヤロックさせてやがんの。

もちろん追突されないように速攻で加速しましたけど。
シングルのエンブレなめんなよ。ば~か。

北海道はこういう輩が多いんだよね。
遅いくせに抜かすとムキになる。
追い越しかけると加速する。
とかね。アホか・・・と思いますよ。

ま、そんなバカと遊んでても仕方が無いのでその後は無視して走ってたらその内いなくなりました。
おげんきで~(⌒∇⌒)ノ””マタネー!!

せっかくのツーリングが終わり間際でちょっと嫌な気分になりましたが、
何とか無事家に着きまして、
早速おみやげチェック!であります。

買ってきたお酒はこちらの二本。
DSC_0054 DSC_0052
「あかね雪」は11月の限定発売の純米吟醸
「暑寒しずく」は純米酒でどちらも増毛町内限定販売の品。

そう、あそこへ行かなければ買えない逸品なのであります。

早速暑寒しずくからいただきましたが、
室温ですっきりとしたやや甘口で大変おいしいお酒です。
しばらくはチビチビといただきましょう。

あかね雪はまだ封を切っていませんがこちらは冷やした方がおいしいかと思います。
こちらも飲むのが楽しみなお酒ですね。

あ、酒饅頭もおいしかったです。
これ大吟醸酒の酒かすを使用してるんだって。
こちらもオススメですわよ、奥様。

 
晩秋?初冬?の1日、
バイクで独りツーリング。

ちょっと寒くて帰りは日が落ちるのと競争でしたが
何とか無事に帰り着きました。

オークションで買ったバイクですが結構調子良くて良い買い物でしたな。

これで今シーズンは走り納めかな。
(近場ちょろちょろならもう少し・・・行けるか?)

あぁ雪の降らない地方が羨ましい
(でも春~夏はやっぱり北海道最高だもんな~)

来年はどこ行こう?
あのお祭りにも行けるかな?
などと妄想しながら冬眠するのです。

では!

 

 

 

 

 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ