イメージ画像

STAR WARS フォースの覚醒 を見てきたぞ 2


やってきましたユナイテッドシネマ札幌

思えば中学生の頃、
東京・銀座の今は無き映画館
テアトル銀座(東京だったか?)で初日に見たスターウォーズ(今で言うエピソード4)。
しょっぱなに頭の上から大音響と共に出現するスターデストロイヤーに度肝を抜かれ、
終わるまでドキドキワクワクしっぱなしだったのを覚えております。
前日の晩から徹夜で並び、悪友共と色々楽しんだ(ウシシ…)のも今では良い思いでですな。

さて時代は移り、現在の映画館はシネマコンプレックス方式。
昔のように広~い劇場の巨大なスクリーンで見るというのはなかなか叶わぬ夢ではありますが、
その代わり(といってはなんですが)4DXとか3Dといった最新技術で楽しめるわけです。

シネマコンプレックスですのでスターウォーズ以外にも様々な映画を上映しているのですが、
やはり映画館の入り口にはイチオシのSTAR WARSがドーンッ
DSC_0095
テンション上がっちゃいますよおじさんは!

映画館のロビーも昔の映画館に比べてこじんまりした感じ。
DSC_0100あんまり構図もよくないのではありますが。
こう書くとまるで最近の映画館を知らないかのようですがそういうわけでもない
(2年に一度くらいしか最近は行かないけど)のですが、ユナイテッドシネマ札幌は初めて。
4DXも初めてということでかなりオダッテます。(注:オダツ=北海道弁で調子こいてる的な意)

興奮しすぎてちょっと早めに着いちゃったので
看板の前で写真撮ったり
DSC_0096
こんなDSC_0098
1回300円もするガチャ2回もやっちゃったり←オダッテますなしつつ、
コーヒーなんか飲みながら時間を待ちます。
(このコーヒーが後ほど悲劇をもたらします)

さてさてようやく時間となりましたッ!
トイレも行って準備万端。いざっ!着席。
お約束のCMと予告編から始まるわけですが(これが結構長い)
それを見ているうちにまたトイレに行きたくなってきた。
え?さっき行ったばかりなのに?なぜなぜ?そんなにゆるくないはずよ、まだ。

もう本編始まるし、え~いなんとか最後まで我慢できるべッ!と強行策。

さぁ!始まりましたSTAR WARS! よっ!大統領!

その詳しい内容についてはあまり書かないほうがよろしいかと思いますが、
いわゆるエピソード4~6へのオマージュと言いますか、
かなり懐かしい方々が出てらっしゃいます。

ハン・ソロのハリソン・フォードは初期シリーズ後も俳優として成功し、
様々な映画で目にしていましたので老けたと言ってもそれほど違和感なし。
・・・ですが、やはり女性は、レイア姫のキャリー・フィッシャーは・・・おバァちゃんになってました。トホホ
(正直言われなければ判らなかったかも?いわれれば確かに面影はある気がしますが)
と思ったらラストに出てくるあの人(そうもちろん昔は主役だったあの人)もかなりの老け方でしたなぁ。
最も役柄的な風貌のせいもあったと思いますが。

全く変わってなかったのはチューバッカ。
って  あったりめーだろ☆(゚o゚(○=(-_-○  へへ、どーもすいやせん。

主人公のレイちゅあんもかわいいし、フィンとのストーリーも次回作へのフリとして効いてる。
でも何よりハン・ソロのストーリーが・・・
えっ?あぁ~そうなっちゃうの?ははぁ~~~

ストーリー的なことはネタバレになっちゃうので書きませんが、
映像やSFXなんかも昔のSW(スターウォーズ)とは隔世の感がありダイナミックで美しい。
時の流れは感じつつも(ほぼ)初めてのSF映画として衝撃を受けた昔の少年としてはかなり楽しめました。
この手の映画はあまり難しいことを言ってアラ探しなんかしないで見なきゃ駄目ッすよ、皆さん。

我が家では前の晩寝不足で、SF映画にも興味がなく、
前作までのSWもまともに見たことがないと言う奥さんでさえ
見終わった後の感想は「面白かった~寝てる暇なかったよ」でした。
中学生の娘は「レイちゃんかわいい!」と主人公に感情移入。
小学生の坊主だけは「映画は面白かったけど、座席は動かない方が良い」とおっしゃってましたが。
(坊主は遊園地も苦手なもので^^;)

で、肝心の4DXですが。
映画の最初の方ではやはり違和感は否めず。
動くシートや時々顔にかかる水しぶきで映画の世界から現実の世界に引き戻されてしまう気もしたんですが・・・
時間が経つにつれてグイグイと映画の世界に引き込まれ、
と同時にシートの動きや水しぶきも帰って臨場感アップに効果的な感覚になってきます。
慣れってやつなんでしょか?

まぁ正直なところ好き嫌いは分かれるかもしれませんな。
じっくりと映画を楽しみたいなら不要なのかもしれませんが、
映画をアトラクションと捉えてガッツリ楽しむ気なら最適なのかもしれません。
SWのような作品でオラオラ~~ッと空中戦したり、
水面ギリギリを飛ぶスリルを味わったり。
そして何よりそういう映像を難しく考えず童心に帰ってウヒョヒョ~~ッと
イ~ヤッホ~~ィッと言う感覚で楽しむなら全然アリアリだと思いました。

ただ・・・ね。
やっぱりオシッコ我慢してるのが辛かった。
もう、ボクちゃん膀胱炎になるかと思ったよ。
後半は早く終われ~と祈るように見てました。
しかもシートが動くもんだから振動が直接我が膀胱ちゃんに・・・アウッ・・・オウッ・・・と。

いや、映画自体は面白くてもっといつまでも見ていたいんだけど、
それならちょっとココでCM休憩とか入れてくれって感じ。

スタッフロールの最後までがんばってみましたが、
その後は微妙な歩き方でよろよろとトイレへ行って。。。
<(; ̄ ・ ̄)フゥゥゥ
やはり映画の前に水分(特に利尿作用のあるもの)は控えましょう。特に中高年の皆さんは。

ちょっと辛くもありました(自業自得ですが)がとても楽しい映画でした。

あとで許可もらえたら映画の画像も追加しますね。(たぶん無理かもだけど)

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ