イメージ画像

プラリペアにあらずっ!


さて本日は2016年10月8日。
全国的に3連休の初日ですが外は冷たい雨が降っており、
バイクで出かける気にはなりませぬ。

そんなときにはおうちの中で・・・

そう!バイクの修理をいたしましょう。

前回BAJAちゃんのヘッドライトをLED化しましたが、
その際にヘッドライトをケースに固定するネジのメス側が破損しました。
正確にはメス側というかメネジ部分を固定するプラ部分が経年劣化で粉々に砕けちまったんですね。
古いバイクですからしゃぁないと言えばそれまでですがね。

バイク屋を営む幼馴染に聞いたところ、
「そりゃぁおめぇ、BAJAのライトは部品廃盤でもうねぇよ」
(いや、もっと丁寧に親切に教えていただきましたが)
とのことでヤフオクでも調べてみたら
ヘッドライトステーから丸ごとではあるものの、
2~3万円!!!!とかしてやがるんですよ。

もう針金で縛っとけばいいかなぁ・・・
dsc_02981回はやってみたんだがね
と思っていたらこれまたK3くんという世界で三番目に高い山っぽい名前のお友達が
「「プラリペア」ってのがあるぜ」
と教えてくれました。
いやぁ持つべきは友ですなぁ。

と言うことで前置きが長くなりましたが
ヘッドライト修理のお話でございます。

で、ですな。
「プラリペア」なるものを調べてみたのですが、
千円~もうちょっとしますな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PL-16C プラリペア クリアー
価格:1247円(税込、送料別) (2016/10/8時点)

 

1,000円程度で修理できるなら安いもんだわな。
と思ったんですが、問題は強度。
そこんとこどうよ?と思って調べてみたところ、
これがなかなかいけるらしい。
(つまり強度もあるらしい)

要するにアクリルの粉末とアクリルの溶液を混ぜて
接合部分に盛っていくということなので
盛って固まった部分はまんまアクリルの塊になるわけですね。
だから固まってしまえば削ったりすることも出来る。

まるへそ!これは良いではないか・・・

・・・と思ってプラリペアをポチろうとしたら・・・
こんなことも書いてあった。

「アクリルの粉末とアクリル溶液(つまりプラリペア)はアクセサリーの制作や
女性の付け爪の製作にも使用されるもので、これは100円ショップでも売っています」

な、なに?ヒャクエンショップ?
これは百均大好きなワタシが放っておくわけがないではないか。

すぐさまソッチの線で調べてみたけど残念ながらダイソーやセリアでは
売ってないらしく、我が家の近所では手に入らないことが判明。

しかしまぁ、ココまできたら正規(?)のプラリペアを買うのもなんとなく・・・ねぇ。
・・・ということでネットで百均商品を購入。
アクリル粉末・・・108円(税込)
アクリル溶液・・・108円(税込)
送料・・・160円(税込)
ヌハハハ・・・そんでも400円弱ですわ。

そんなわけで
dsc_0334到着!
この他に先が金属でできてるスポイトを近所のダイソーで購入。

さぁやりまっせ!

まず外したライトの状態ですが、
こちらはヒビは入っているものの何とか原形を保っている左ライト。
dsc_0321
でもって右ライトは
dsc_0323
こんな感じ。コレハアキマヘン。経年劣化ですわな。

このネジの部分が左右ライトに各2ヶ所あるんですが、
左ライトは何とか大丈夫ななものの
右は2ヶ所ともアキマヘン。
dsc_0325

そんなわけで修理開始。

まずこの部分についていたメネジパーツを動かないようにチョコット瞬間接着剤で固定。
dsc_0327写真では曲がってますがチャンと真っ直ぐ付けましたよ

アクリルの粉末や溶液でネジ穴がふさがらないようにネジを入れ、
アクリルの粉末を少しパラパラ・・・
dsc_0328ちょっとピンボケですが・・・

この粉末の上から溶液をポトッと落としてやるとスッと吸い込んで固まります。
溶液を落とすところは両手がふさがっているので写真なし。

この作業を何度も繰り返して徐々に全体に盛って行きます。
パラパラ・・・ポトッ・・・スッ・・・パラパラ・・・ポトッ・・・スッ・・・・・・
・・・で全体に盛って固まると
dsc_0329こんな感じ。

初めてでテキトーに作業してるので溶液が余分に流れてますが・・・
ま、目的は達成されております。

この段階で作業ヶ所は普通にプラスチックの塊。
少なくとも見た目&触った感じでは。
メネジパーツもしっかり固定されてます。

施工してから固まるまでもすぐなのでこれはいいです。

固まってしまえばプラスチックの塊なので
ヤスリで削ったりして形を整えることも可能。
今回は特に必要なかったのでやってませんけど。

そんなわけで同じ作業をもう1ヶ所にも行い、
ついでにヒビが入っている左ライトの同じ部分も補強のために施工。

硬化を確実にする為1時間ほど放置してからBAJAくんに元通り装着。
キッチリ締めこみましたがモーマンタイ(無問題)
完璧ですわ!スバラシイ!

そんなわけでヤフオクで中古部品を買えば2~3万円しちゃうところを
ほんの数百円で修理完了。
ありがたいねぇ。ほんとに。

ちなみにアクリルの粉末は(アクセサリーなど用だけに)色々な色があるみたいですが、
着色=不純物入りって事になるようで、強度的には透明の粉末が一番らしいです。

それと作業の時、
スポイトの先端がアクリルの粉末に触れると
そこで固まってしまうのでスポイトが詰まります、当たり前ですけど。

スポイトで溶液を落とすときはスポイトの先端が粉末に触れないよう、
微妙な間隔を空けた位置からそっと落とすようにしましょう。
 
しかしまぁいきなり初めてのワタシでもソコソコできましたので
作業自体はそんなに難しくないですよ。

これは便利なものを見つけたワイ。
今度からプラ部品の修理はこれだなッ!
 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. Kちゃん より:

    その後気になってマスターよ。
    なんだかいけちゃってるようで、良かった良かったです~。
    が、うまく行き過ぎてちょっとつまらないような…
    百均にあったなんて知りませんでした。
    当時はモノホンのプラリペアを何個も買ってましたよ。
    型取りくん、とかもありますよ。
    旧車をちょすと、すぐにあらゆる物が壊れるので。

    • ao(あお) より:

      あんまりうまく行ったもんで調子に乗って家中の壊れたプラ製品を再生しまくってますよ。
      引き出しの取っ手とか完璧に再生できちゃう!うれしいね、コリャ。
      しかもパウダー100円リキッド100円だから遠慮しないで潤沢に使っちゃうのだ。こりゃ楽しい。^^
      リキッドは小瓶一つあれば結構もちそうだからパウダーだけ何個か買っときましょうかね。
      あ~なんかプラスチックのもの壊れねぇかなぁ・・・ハッハッハ


コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ