イメージ画像

そんなGW最終日


3 4 5と三日間で函館~鵡川までグルッとツーリングしてきましたが
6日は天気も悪いとの予報が出てましたので帰宅してのんびり。

今回のツーリングでWRの積載性についての問題点なんかもなんとなく見えてきたので
早速オークションでサドルバックサポートなる商品をポチってみたり。

近所にできた大型ホームセンター「ジョイフルAK」に行って
あれやこれやとキャリアやマフラーガードに使えそうなブツを物色したりしてました。
 

 
で、GW最終日の7日。

天気も回復したのでブラッとツーリング・・・と言うほどでもないですが
ちょいと走りに行こうと言うことで家を出ました。
 
WRを買ってから未だに一度もダートらしいダートを走ってなかったので
少しばかりダートを走りたいな!と・・・

向かったのは(目指したのは)割と近場で結構楽しめる林道。
万時林道

岩見沢から夕張方面へ向かう道道(どうどう)から入る予定ですが・・・
 
岩見沢で給油して(林道でガス欠したりすると洒落にならないのでね)
美流渡(みると)方面へ向かいます。

途中、かつて炭鉱で栄えていた頃通っていた万字鉄道の遺構を見学。
DSC_0054
今は廃線となった国鉄万字線の朝日駅舎です。
DSC_0055
秘境・・・と言うほどの場所でもありませんが、
好きな人には堪らないものがあるのかもしれませんね。
DSC_00561
現在は公園になっていて、公園になってから植えられたと思われる桜が咲き誇っておりました。
DSC_00621
この万字線と申しますのはですね・・・まぁ読んでくだされ。
DSC_00631
こんな汽車も置いてあります。

このあたりも昔は相当栄えていたんでしょうねぇ。
今は道を歩いている人もいませんが・・・
 
さらに夕張方面へ向かいますと毛陽町と言うところに
メイプルロッジと言うこの辺りにはあまり似つかわしくないホテルがありまして、
その横に小さな神社があります。

その脇になぜか桜が植えられていまして、
それがなかなか綺麗でしたので思わずパチリ。
DSC_00671
ね、なかなかきれいでしょ?
 
そのまま更に夕張方面へ。

万字の町も今や寂れて人の姿も見えませんが、
小学校の跡地があったりして、
かつては小学生など子供もたくさんいて賑わっていたんだろうなぁ。

この万字の町には髪の毛が伸びるので有名なお菊人形を安置しているお寺があったりするんですが、
怖いので全く寄る気にもならず通過しました。
 
やがて道は山道のクネクネ道になり高度をグングン増して行きます。
ん~WRは力あるねぇ。
ラクラク登ります、さすが。
 
いい加減登ったところで「万字林道」の入り口に到着。

およよ・・・
結構雪残ってるなぁ。  と、思ったんだけど
「ま、行けるところまで行ってみるべ」
と気合入れて突っ込みます。

ドォリャァァァッ!
ブィィィ~~ン!
と雪の積もる林道に突っ込みますが・・・
オリャオリャがんばっても前には進まず・・・

あれ?
気づけばスタックであります。
DSC_00701
あちゃ~
DSC_00711
タイヤ半分完全に埋まっております。

なんとかがんばって引っ張り出しましたが、疲れましたよ、もう。

DSC_00721
ま、ちょっと無謀でしたか。

しかし桜が咲いていて、
そこから10分も登らない場所では雪がまだこんなに残ってるとはね。
北海道恐るべし・・・ですわ。
 

 
そんなわけで林道はあきらめて夕張まで行きました。

快速旅団に寄ってちょっとした日帰りツーリングを楽しんできた・・・だけになっちゃいました。
(快速旅団のツイッターにてワタシの雄姿?を掲載いただきました)
 
次の週末はアイヌネギ再々チャレンジツーリングの予定。
あぁ林道行きたい。ダートで思い切り気持ちよくスライドさせたいぜぃ。

でもね、正直なところ林道は誰かと一緒に行きたいところです。
何かあっても誰も助けに来てくれないと思うからね。
誰か一緒に行きませんかね?
(できれば若くて綺麗なおねえ・・・ゴニョゴニョ)
 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ