イメージ画像

バニラエアの件


キャンプやバイクとはまったく関係のない話ですが、
最近腹が立ったことなので吐き出したいと思いましてね。

いえ、個人的な思いだし、楽しい話ではないので
無理に呼んでいただかなくて結構です。


まずはニュースソースを。
NHKニュースの記事
↑という事があったんだと。

それで賛否両論世間では騒がれていると。
 
しかしね、この事件俺から言わせれば間違いなくモンスター障害者のクレーマーが
狙いをつけた航空会社に突撃して予定通り問題を起こし、
それを公的機関に告げ口して無理やり「改善」させて、
自分の手柄を一つ作ったと。

で、どうもこのクレーマーは
こうした事例なんかを講演して周って飯を食ってるって言うんだから
間違いなく確信犯だわな。

しかも過去には他の航空会社でもでも似たような騒動を起こして
それをブログに書いている。
恐らくは自分の講演会でのネタにもしているのではないですかね?
こりゃ完全にプロの手口ですな。

バニラエアは間違いなく被害者ですね。
 

 
まず、基本的に舞台。
コイツに目を付けられちゃったかわいそうな航空会社、バニラエアはLCCです。
サービスも最低限に絞って料金を安くすることで経営している航空会社です。
資材も機材も無駄なくカツカツでやってんですよワタシャァね・・・という航空会社です。

しかも奄美大島と言う離島の空港。
当然資材・機材も限られスタッフの人数も決して多くはないでしょう。

そういう会社・場所を選んでこいつは騒動を起こしたわけです。
 
次に、
バニラエアでは(他の航空会社でもそうであるように)
車椅子のお客様は事前に申告してくださいとアナウンスしています。

資材・機材やスタッフ人員などの関係もあるのでしょう。
事前に申し出ていただかないと困りますよ・・・といっているにも拘らず
そういうアナウンスがされていることを知っていながら
コイツは敢えて・・・ワザと申告せずに直接空港へ行っているわけです。
わかっていたなら突入しちゃ駄目でしょう。
その前にすることはあるはずです。

その後、バニラエアではマスコミの取材に答える形で
申告されていたら(資材・機材などが用意できず不都合があるので)搭乗を断っていたとしています。

・・・が、これは今回の件とは別問題。
きちんと申告して結果的に搭乗拒否されたとしたら、
そこから搭乗拒否しないよう、何とかなりませんか・・・と交渉し働きかけるのが常識です。

今回コイツは「申告すれば断られることはわかっていた」として、
だから無申告で突入したとの事。

悪法も法也 と言う言葉をこいつに送りたい。
航空会社の規則が悪いならその規則を変えてもらうべく交渉するべきで、
規則を無視して突撃することが善だとは決してならないのです。
ちなみに日本では私刑は厳に禁止されております。
仮に法に反する規則でもそこに突撃して迷惑をかけることは禁止されています。
 

ちなみにこういう話題があるといつもでしゃばってくるモンスタークレーマー障害者の総本山みたいなのが居ますが・・・
そう、Z氏ですね、障害者で有名人と言えば真っ先に名前の挙がる方。

このZは今回もまた勝手なことをほざいてます。
曰く「明らかに法に反する」と。

これは障害者差別解消法を念頭においての発言ですが、
その法の規定はこうです。(以下一部抜粋)
第八条 事業者は、その事業を行うに当たり、
障害を理由として障害者でない者と不当な差別的取扱いをすることにより、障害者の権利利益を侵害してはならない。
2 事業者は、その事業を行うに当たり、
障害者から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合において、
その実施に伴う負担が過重でないときは、障害者の権利利益を侵害することとならないよう、
当該障害者の性別、年齢及び障害の状態に応じて、
社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をするように努めなければならない。

今回の件が不当な差別でしょうか?
私はそうは思いません。
航空会社はLCCですし、離島のさほど大きくもない空港での出来事です。
全ての障害者を受け入れられるほどの設備や人員を配置することが可能でしょうか?
そうした用意ができないことは差別でしょうか?

昇降用のストレッチャーを用意すればいいのだ!
たかが15万円程度の出費ではないか!
・・・とか言ってるお馬鹿さんもいるようですが、
なぜ四肢に障害のある方だけを前提にするの?
聴覚や視覚、内臓などに障害のある方のためにも
そうした障害が重複している方にも備えなくてはいけないのでは?
そのためにはストレッチャーだけで足りるんですかね?
それに、仮に15万円の出費だとしてもそれを全国の空港に配備して、
それを稼動させるためのスタッフも配備して・・・

片道数千円程度の運賃で営業しているLCCにそれを求めるのね?
(ちなみに今回騒動のあった奄美大島→大阪間の運賃は4780円~
15万円の元をとるのにどれほどの時間と労力が必要なんでしょうかねぇ)
俺から言わせればあんた鬼だね。鬼畜野郎だよ。

この法の2においては「その実施に伴う負担が過重でないときは」とし、
しかも「努めなければならない」と努力義務であることが明記されています。
バニラエアでも離島のような小さな空港ではなく、羽田や関空のような大きな空港ならそれなりの備えがあったのでは?
そうしたことを考えればまったく努力していなかったともいえないでしょうから、
努力義務にも違反していたとはいえないでしょう。

片道4780円~の低運賃で営業している航空会社です。
奄美大島という離党の小さな空港に全ての障害者に対応しうる設備と人員を配置することは
間違いなく「その実施に伴う負担が過重」であると思いますがいかがでしょうか?

そうした設備やスタッフを動員したからといって
「よっしゃ!奄美大島行ったろ!」という障害者が急増してすぐに元が取れるならいいですがね?

だいたい法に反しているかどうかは裁判所が決めることでモンスタークレーマーが決めることではないのだよZ君。
ホントにコイツは馬鹿。
銀座のイタ飯屋でのことをまったく反省してないんですな。あきれるわ。
 

 
閑話休題。
 
さて、障害のある方が社会参加する際にバリアフリーの考え方はとても重要です。
飛行機に搭乗する際に車椅子でも搭乗できるってことは大変ありがたいことでしょう。
できることなら日本中、いや世界中の津々浦々・・・どんなに小さな空港でも
どんなに小さな格安航空会社でもそうしたことが可能になればどんなにすばらしいでしょう。

しかし、現状そうなってはいないのです。
当然ですが車椅子でも飛行機に搭乗できるためには航空会社や空港職員の方などの協力や、
空港や飛行機内の設備などが必要になります。
それらは決してタダではなく、
それなりに費用が発生するもの、そうした費用は健常者にも転化されるわけです。
しかも本来基本的には善意・思いやりの気持ちからはじまるべきものです。

それでも社会が障害者を受け入れ、健常者も障害者も共に分け隔てなく暮らしていこう、
暮らせるようにしようと考えることには大賛成です。

・・・が、航空会社や空港会社がそうした考えに基づいて様々な準備などの努力をすることが当然であると、
障害者には割引運賃が適用されるにも拘らず健常者には障害者に対処するための費用転化するのも当然で、
自分には障害があるのだから周囲の人間はにっこり笑って助けるのが当たり前だと、
そうした考えにはまったく同意できません。
むしろ、今回の件がそうであるように、かのZ氏がそうであるように
そうした考えを持っている輩が居るおかげでバリアフリー思想は社会に浸透しないのだと思います。

つまり、健常者は障害のある人を見れば助けてあげたいと自然に思い、
助けてもらった障害者は素直にありがたいと思うことが一番大切だと思います。
そのためには・・・どうしたら・・・わかるでしょ?普通。
 

したがって今回のように、障害者であることで講演を行い銭を稼いでいるような奴(奴ら)が、
航空会社の求め(車椅子であることの事前申告)を知っていながら無視し、
空港職員や航空会社職員を困惑させ、制止を振り切って身勝手な行動をし、
しかも自らを被害者であるかのごとく振舞って公機関に訴え、
無理やり航空会社に負担を強いるようなやり方には憤りを覚えます。

これをモンスターと呼ばずになんと呼びましょうか?
 

 
さて、今回のこの件ではモンスター障害者クレーマーが確信を持って
航空会社に迷惑をかけ、それを自らの手柄にしようとした。
そこにこの手の話題が大好物なZが「おいおい、俺も一枚噛ませろよ」と出てきた。
という構図ですが・・・

むしろ問題はそこではなく、
バニラエアの危機管理問題ではないかという指摘も出ております。
 
こういったクレーマー顧客のゴリ押しをきちんと断るという対処ができず、
空港設備内に立ち入らせ、無理に航空機に乗られ、それを機長も容認してしまったと。
これは考えようによっては非常にまずいですよ。

機内でどこに座ってたのか知らないけど、
場合によってはきちんと固定できない場所に車椅子で座ってたとか(んなこたぁなかろうけんども)
車椅子が通路に置いてあったりして・・・って事があれば(あれば・・・ですけどね)
万一の事故などがあった際には他の乗客の避難の妨げにもなるでしょう。

そうでなくても障害のある方を受け入れる体制ができていない飛行機ですから、
機内において何らかの問題が発生した場合に問題なく対処できるんでしょうかね?
コイツのせいでスタッフに余計な負担(しわ寄せ)がいって
他の乗客に満足なサービスができないとか避難誘導に支障が・・・なんてことは・・・どうなんでしょうかね?

例えば最悪のケースで言えば
コイツがハイジャックを狙ったテロリストだったら・・・と考えれば判りやすいでしょう。
って言うか職員の制止を振り切って=指示に従わず・・・という時点で航空法違反の容疑もあるんじゃね?

そういうやつを乗せて飛んじゃったってのはまずいんじゃないかなぁ。
むしろこっちのほうが問題だと思うんだが。
 

 
まぁとにかく・・・
何とかしていただきたい・・・と「お願いする」気持ち
何とかしてあげたい・・・と「答えようとする」気持ち
でも何とかならなかったら「申し訳ない」と謝り次に繋げようと思う気持ち
何とかしてもらったら
でも努力したけど何とかならなくても「ありがたい」と感謝する気持ち
・・・お互い様ですよね。

健常者も障害者もお互いに思いやりを持って助け合って生きて行きたいものです。
そのためにもこういうモンスター障害者クレーマーたちには社会として厳しい対処を望みたいです。
 

 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ