イメージ画像

石油で儲けてウッハウハ?


ねぶたも終わりなんとなく気が抜けたように過ごして早1ヶ月余り・・・

バイクに乗るのが趣味みたいなものなので、休みのたびにアッチコッチへ行ってますが、
やはり目的もなくうろつくというのはむなしいと言うかつまらないと言うか・・・

そこで目的地を設定してみるわけですが、
そんな私が最近ハマッているのはダムめぐりです。


DSC_0166
ワタシも知らなかったんですがどうやら巷でも最近注目を浴びてるらしいですね。
ダム管理のおじさんが「最近はテレビでも取り上げられたりして、来る人も多くなってるんだよ」と言ってました。
へぇ~~~知らなんだ。

DSC_0214
でもね、ダムめぐりって結構楽しいんですよ、確かに。

ダムの大きさに圧倒されたり(こじんまりしたダムもあるけんども)、
構造を知って感心したり、
ダム湖の中に沈んだ町や村に思いをはせたり(湖水面から構造物が顔を出してたりすることも・・・)

ダムカードって言うのをもらえるところもコレクター心をくすぐるんですな。
それに構造や役割などのお勉強もウンチク親父心にググッと来ちゃいます。

そんなわけで楽しんでますが、
そうは言ってもまだまだワタクシなんぞはこの道に入りたての素人みたいなものでして、
今のところ集めたダムカードも4枚ほど・・・
まだまだですわ。
DSC_0273

その辺のことはワタシのFacebookフォローしていただいてるお友達はご存知かと思いますが、
これからも楽しんで行きたいと思ってますよ、ダムめぐり。
そのうちこのブログでも書こうと思います。ハイ。

で、2017年9月の3連休。

3連休の後半2連休でお友達の拓ちゃんとキャンプの予定だったんだけど
3連休の2日目夜半から最終日はどうやら100%の確立で雨。
しかも台風直撃の予報だもんで、これはあかん。
残念ながら中止と相成りました。

でも、前半の2連休(2日目の日中まで)は良い天気の予報なので
前半2連休だけでも家族でキャンプに行こうかと思ったんですが
どうもテンションが上がらない我が家族。

ならば良いわい、親父一人で遊びに行くもんね。
と言うことで3連休初日はダムめぐりの旅。

旅・・・と言うのもおこがましいのですが、
我が家から1時間程度の恵庭市は漁川ダムへ行って、
そのまま恵庭渓谷で滝巡りもして、ついでに支笏湖もグルッと回ってきました。
DSC_0238

で、今日(9月17日=3連休の2日目)はですね、
(異常なほど前置きが長かったが、ココからが本題です^^)
近場のダムもとりあえず制覇(?)して、
あとはそこそこ距離のあるところまで行かないとダムもないので
ダムめぐりは一休み。

今日はなんと石油の湧出地を探索に行こうということにいたしましたよ。

石油?  湧出?  どゆこと?
って思いますでしょ?

はい、実は石狩方面には石油(原油)が自然に湧出している場所が何ヶ所もあるらしいんですよね。

以前は商業的に掘削したり、
商業化するために試掘まではしたけど結局商業的には成立するに至らず
・・・的な場所もあるらしいっす。

そんなことを小耳に挟み、こりゃ面白そうじゃんか・・・ってなわけで行ってみることにしました。

まず初めに向かったのが「八ノ沢鉱業所」跡。

当別町から熊出没注意の看板にビビリつつ、
「6月に出没?ってことはかれこれ3ヶ月以上出てないから大丈夫!」
と自分に言い聞かせて五ノ沢林道(全面舗装でした)に入ります。

しばらく走ると突然右手に石碑が現れます。
鬱蒼とした森の中、クルマ一台分の細い林道を走っていると突然現れるので
最初はお墓かと思ってちとビビリました。^^;
DSC_0248

ご覧の通りココだけ草も刈られているので人の手は入っている様子。
ちなみに写真左手に建っている門柱のようなものは、かつてここにあった小学校の門柱。
こんな森の中に小学校があったんですねぇ。

それもそのはず、写真右手に写っている昔のこのあたりの様子を描いた地図?を見ると・・・
DSC_0245
こんなに色々な施設があり、石油を生産していたんですね。
恐らくたくさんに人が働き、その家族や子ども達が通っていた小学校なんですね。
今は鬱蒼とした森の中ですが・・・

さてこの石碑からもう少し進むと今度は「伊夜日子神社」の碑。
こちらは完全に藪の中。
DSC_0249

さて、熊も出そうだし、生き物以外の「何か」も出そうな雰囲気にちょっと怖くなってきましたが、
肝心の「湧出地」が見つかりません。

鉱業所跡地の碑と神社の碑は100m程度離れてるんですが、
湧出地はこの辺りにあるはず・・・と言うことで無駄に大声を挙げつつ行ったりきたりして探します。

ビビリだと思うかもしれませんがこんな山の中、
独りきりで熊さんとこんにちわなんてしたら洒落になりませんからね、マジで。

何度か往復しつつ藪の中に目を凝らしていると、なにやら赤い物を発見。
よく見るとどうも看板のようです。

やった!これだッ!
そうです。湧出地に立つ「立ち入り禁止・火気厳禁」の看板です。

とはいえ道路からは背丈が2m以上もある藪漕ぎ。
ガサゴソとなんとか藪を踏んで進むこと約10m(10mでも結構大変なのよ)。
ついに発見しました、湧出地。






DSC_0252
ンムムムム・・・こ、これは・・・面白いね。
ここだけ植物が全く生えていなくて辺りには石油?オイル?の匂いが漂っています。
しかもよく見ると・・・

こんな感じで湧いてます。
っていうか石油も多少は湧いてるんでしょうけれど、量はそんなでもなさそう。
でも、その湧いて溜まった石油の下から何らかのガス(天然ガスとか?)が出てきてる感じですね。

このポコポコしてるところにライターの火を近づけてみたい衝動に駆られますが、
さすがに思いとどまりました。(しかしマジでやってみたい気が・・・いやいやいや・・・あきまへん)
そんなわけで無事(?)湧出地も発見し、目的は達成されましたので
この林道がこの先どうなっているのか探検してみることに。

で、結果的にはしばらく進むと道道に接続されていて、
最後まで舗装路のままでした。ちゃんちゃん・・・TT
林道はつまらなかったので今来た五ノ沢林道を戻り望来(もうらい)方面へ。

道道527を行くとやがて国道231にあたります。
そこからまたしても「ある場所」を探してアッチャコッチャへウロウロ。

やがて適当に海のほうへ出てみようと入った小道で「ソレ」を発見しました。




しつこい?
ハハハ・・・
今度発見したのはこれです。
DSC_0262

・・・さっきと同じじゃねーかって?
いや、違うんですよ。わかってねーなー

今度は石狩の無煙浜って場所です。
先ほどの八ノ沢鉱業所跡よりもかなり広い範囲で石油が湧いてます。
しかも小道とはいえ車が普通に走れる道路のすぐ脇です。
こちらもボコボコしてるところがありました。

これさぁ、個人レベルの消費量なら充分賄えるんじゃないの?
もっとも原油を灯油だのガソリンだのに精製する設備だけでいくらかかるかわからんけど、
このまま放置しとくってのも、なんとももったいない気がしますねぇ。

これだけあればWRのガソリン代くらい何とか・・・
なんて下衆い考えをしてしまうワタシは小市民。
そんなわけで本日は半日程度ですがのんびりと油田探索ツーリングでした。
ま、さすがにこの石油でウッハウハというわけには行きませんが、
なかなか興味深く面白いもんですねぇ。

道内にはまだ知られていない石油湧出地があったりするかもしれません。
今度また調べてみたいですなぁ。

と言うわけで本日行った場所の地図はこちら。

興味のある方は是非行ってみて下さい。

では長文にお付き合いありがとやんした~~

 

関連ページ

    関連する記事はありません。

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ