イメージ画像

そんでこうなりました。開発の方ごめんなさい。


WRが納車されてから1ヵ月半が過ぎ
納車前から集めてたパーツも一通り換装いたしました。

そこらへんのところの御紹介と
今年もあの!・・・あの、例の祭りに参戦できそうなので「旅仕様」にしてみました。
まぁなんというか、シミュレーションですね。

初めに言っておきますが、
このWRはヤマハさん曰く「オフロードのR1」として開発されたそうな。
いわばバリバリの(オフロード)レーサーレプリカな訳ですよ。

そんなWRを旅仕様(別名キャンパー仕様)にしちゃうってぇのは・・・
開発の方にしてみれば
「せっかく軽量化してスリムに仕上げたのにぃぃぃ」
的な声もあろうかとは思います。

いや、一般のWR乗りの方々からしても邪道だろ?と言われそうではありますが
そこはワタシの元に来てしまったのが幸か不幸か
どうしてもツーリングに使われてしまう運命なのであります。

そんな訳でとりあえず
YAMAHAの開発の方々ごめんなさい!
と言っておきますね、はい。^^;

 
さてそんなマイWRですが、現状は以下のような状態です。
まずは換装したパーツ類。
フロント方面では
DSC_0123
※ セロー用アドベンチャースクリーン
※ ZETA アーマーハンドガードベント
※ ZETA XCプロテクター(ハンドガード)
※ ZETA EDスキッドプレート(アンダーガード)
※ ZETA ピボットレバー
※ axpレーシング ラジエターガード
※ デイトナ 電源USB×1+シガー×1
※ TAKATSU オフロードミラーII(左右)
※ SP忠男 パワーボックスEXパイプ

DSC_0122
リヤ方面は
※ ヨシムラ RS-4Jサイクロン
※ デイトナ グラブバーキャリア
※ ヤマハ純正(WR-F用) リヤディスクガード

個々のパーツの詳細なレビューなんかはそのうち気が向いたら書くかも?です。

とりあえずスクリーン以外はWR的定番のパーツなのかな?
ってところだったんですが・・・
先ほども言った通り、ココから旅仕様=積載量マシマシです。

 

まずはサイドバックを使えるように張り出したマフラー対策。

これは某オークションで送料込み1500円くらいで買った
何のバイク用か良くわからないサドルバックサポート(って言うのかね?)を取り付け。

左側はヘルメットホルダーのステーを利用して
そこに汎用のステ-を利用して割と簡単に装着。

右側はシートレールに開いてる穴からやはり汎用ステーを使って後ろ側を留め、
前側はやはりフレームに開いてる穴を利用して長いボルトと汎用ステーで取り付けました。

まぁ見た目は・・・なんざんすけど、簡単に脱着できるようにしたので
普段は取り外しちゃえば無問題です。
 
そしてキャリア。
デイトナのグラブバーキャリアを装着してますが、
ここにホームセンターで見つけた(それなりに)頑丈そうなネットを取り付け。
DSC_0005
これまた汎用のステートパイプバンドで。
 

ためしにフルパッキング状態を再現(バッグ類の中身は空ですが)してみました。
DSC_0010
一番後ろのプラケースについては違うものにしようか検討中ですが、
概ねはこんな感じで積載可能かと。

「もう少しコンパクトにしろやっ!」って声も聞こえてきそうですが、
昔の荷物の積み方に比べれば可愛いもんですよ。
IMG_20170105_0002
ね?

たぶんこの積み方だと内容積には余裕がありそうなので
お土産なんかも買えるかと・・・
 
今年はこんな感じで祭りに行きたいと思います。

 
おしっ!盛り上がってきたぞっ!
 

 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. レイニィ より:

    WRに乗っている者です。
    セローのアドベンチャースクリーンを付けたいと思い、実際に付けている方を探していたところ、こちらのサイトに行き着きました。
    よろしければ、付ける時に加工した箇所、工夫した箇所等があれば教えていただけないでしょうか?
    よろしくお願いします。

    • ao(あお) より:

      レイニィさんコメントありがとうございます。

      セロー用アドベンチャースクリーンですが、ネット上にもあまり情報がなく、私も不安ではあったのですが「なんとかなるべ」とやってみたら何とかなりました。(笑)

      まず、アドベンチャースクリーンキット自体ですが、YSPなど正規ルートよりアマゾンなどで買ったほうがかなり安く買えます。
      で、取り付けですが、
      1、フロントフォークの太さが違う。
      アドベンチャースクリーン(以下AS)ステーのあたる部分がセローよりWRの方が格段に太いですのでステー下部(フォークにあたる部分)の曲線が合いません。
      2、トップブリッジ高さが違う
      ASステー上部はトップブリッジのフロンフォーク取り付け部と共締めですが、高さが合いません。

      と言うことで
      1についてはフロントフォークが傷つかないように幅広のビニールテープをフォークに巻き(貼り)、更に水道管などの保護用のスポンジクッション材を当ててからバンドで固定しました。
      このクッションを当てることによりフォークの太さが違うことによるステー曲線の径が違うことに対処しています。
      私の場合、径が合うようにステーの曲線を修正しようとしましたが、塗装が割れてしまったり旨く曲線が合わなかったりとかなり苦労した挙句、結果的にはあきらめてこの方法で取り付けました。
      ですのでレイニィさんは無駄な苦労をせず、最初からクッション材で曲線をあわせるようにすることをお勧めします。
      最終的にバンドでがっちり締め付けて固定するので、ココの曲線はきちんと合っていなくても固定できますから大丈夫です。
      ちなみに付属のバンドでは短くて使えないのでこれも長いものを購入。バンドもクッション材もホームセンターにて数百円で買えると思います。
      DSC_0186

      2については本来ボルト2本締めなのですが、高さが合わない都合上1本締めとしています。(1本締めなら高さも位置もバッチリ合います)
      2本締めとすることもできなくはなさそうですが、そうするとASステー自体をかなり曲げたりする調整が必要となりそうで、結構大変だと思います。
      1本締めでも特に強度的な問題はなさそうなので1本締めにしたほうが簡単だと思います。
      1本締めなら問題なく位置も合います。
      DSC_0187

      まぁ基本的に他車種の部品なので若干の無理(加工)は必要となりますが、そこは頑張るしかないでしょう。
      それとこのスクリーンをつけたせいだと思われますが、100km/h以上のスピードを出すと若干ハンドルが振られる気がします。
      (私の気のせいかもしれませんが)
      風の抵抗をかなり受けるので仕方がないのかもしれません。
      WR用のステアリングダンパーってのもあるみたいですが(値段が)めちゃめちゃ高いので付けてません。
      この点も含めて装着は自己責任でお願いしますね。

      近いうちに取り付け部分の写真もアップします。しばしお待ちを・・・
      9/8  ってことで写真もアップしましたが・・・参考になるでしょうか?

      • レイニィ より:

        細かい写真までありがとうございます!
        他サイトでは分からなかったのですが、これで解決and購入に踏み切れそうです。
        本当にありがとうございます!

        スクリーン装着時のハンドルのブレですが、セローでもあるらしいので、仕様として我慢するしかないのかもしれません…

        • ao(あお) より:

          参考になれば幸いです。
          また、不明点などあればご連絡ください。

          装着がんばってください!


コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ