イメージ画像

か、買っちゃうか?


そんなわけで本日!家から一番近いHONDA WINGへ行ってきましたよ!

おぉ!買ったのか? ついに買ったのであるか?
と思った皆さん。(そんな皆さんがいるかどうかわからんが)
ちょっとお待ちを・・・


まぁ結果から言いますとまだダメだってさ。

俺「あのぉ~ワタシの優秀なエージェントから
  CRF250RALLYの価格とかが決まったって情報が入りましてね。
  で、まずは見積もりをお願いしたんですが・・・」
店員「あ”・・・そ、そうっすか・・・」 

カチャカチャとパソコンのキーボードを叩く・・・

店員「あ~まだ正式発表されてないんでパソコンにもデータがないんすよね。
   なもんで見積もりできないっすぅ。」
俺「はぁ?こっちは事前受注期間が昨日から始まってるって情報もにぎってるんだぜ?おぅ!」

(ギクッ!)
店員「い、いやぁ・・・で、でもですね、ダンナ。正式発表前なんでまずいんすよ。
   そこんところ判ってくださいよぅ」(涙)
 
と、かなりフィクション入ってますが、
要するに正式発表されるまでは見積もりも出せないと。

ま、残念でしたな。
 
そういうことなら仕方がない。
2月の正式発表まで待つよりはないですね。

・・・な~んて思うんですが、そんなこと言われちゃうと他社のバイク買っちゃうかもよ~ん。
 

 
まぁ気持ちの中ではRALLYにほぼ決めてるんですがね。
でもやっぱり気になるのはWR。

だってRALLYもABS付だと702,000円
WRが721,440円だからその差およそ2万円。

オフ車としての性能差だけを見れば間違いなくWR買いますよ。
たぶん誰でもそう思うのではないかっちゅうくらい歴然とした差がありそうですからね。
 
しか~し!ココで問題なのはその他の数値では表せない性能の部分。

前にも書いてるけどワタシの利用方法は距離ベースで考えると 
街乗り50% ツーリング30% 林道20%
ってところでしょうかね。
しかも林道20%の中にはツーリング中=フルパッキング状態ってのも含まれるわけで、
そうなるとWR本来の楽しみである「目を三角にしてガンガン攻めるぜっ!」ってのは無理。

むしろ高速道路を楽に巡航できるフェアリングとか、
遠くまで走れる容量の大きなガソリンタンクとか、
長時間座ってもお尻がランブータン(注1)にならず、
荷物もガッツリ詰めるシートなんかが大切だったりするわけです。
この点では完全にRALLYの勝ち。
 

だから悩む。どちらにするか悩むんだな、これが。
絶対的な性能を取るか、実用的な快適性能を取るか。

で、気持ち的にはRALLY80%くらいの感じです。

更に言えばこれまた前にも書いたけど、絶対一発で買っちゃうのは
YAMAHA WR250スーパーテネレ

あ、いやそんなバイクが発売されれば・・・って話ですがね。

WRベースにRALLYのような大き目のフェアリングとガソリンタンク。
(XTベースではなく、ここはあくまでWRベースで)
ブルーを基本色にストロボライン
(正式名称はスピード・ブロックって言うんだって)を入れて・・・
いっそゴロワーズカラーもいいなぁ(オヤジ感丸出しですが)
異型2灯LEDライトにタンクにはもちろん音叉マークですよ

あぁカッチョイイなぁ。(見たことないけど)
買っちゃうのになぁ。(いや、売ってないけど)
 
ホンダもさ、アフリカツインとか、昔はXL~XRとかあったんだから
もう少し気合入れてオフ車作ってくれればなぁ。そしたら迷わずに買えるのに。
「オフロードでのRC213V」とか良いじゃない。(コピーだけでも良いじゃない^^;)
 

そんなわけでRALLYの見積もりももらえず、
おかげでやっぱりWRも良いかなぁ・・・とか思っちゃって、
勝手に存在しないバイクを妄想する今日この頃です。
 

 
(注1)お尻がランブータン【o-shiri-ga-Rambutan】
ランブータン
知る人ぞ知る伝説の名番組「水曜どうでしょう」
その企画の一つ「原付ベトナム縦断1800キロ」において
わが町江別の生んだ巨匠、大泉洋さんが発した名言。
やはりバイクのシートはある程度厚みのある快適なものを選びなさい
との意味を持つありがたいお言葉(いや、ほんとは違うけど^^)
後に熟成が進み「汁が出る勢い」との名言も生まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年1月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:バイク

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ