イメージ画像

ランタン・ライト・ランプ選び方


照明の重要性

一口に照明といっても、タープの下等では明るいガソリンやガスのランタン、テント内の照明には安全な電池式ランタン、更にトイレに行く時や夜間の散策等にはヘッドランプやハンディランプといった具合に使い分けながらいくつもの照明器具が必要になると思います。

また、ツーリングなどではいくつもの照明器具を持つ事はむずかしく、いくつかの機能をあわせもった物を一つだけ(あるいは少数)持つと言うことになるかもしれません。

いずれにせよキャンプは野外で行いますから夜になれば当然暗くなります。暗くなって照明が無いと・・・全く何も出来ないのですよ、本当に。TT

これは、現代人が便利な生活を送っていると忘れがちなことかもしれませんが、一度キャンプをすると、暗いと言う事がどれほど不便で怖い物か思い知ることでしょう。逆にそんな暗い野外で明かりの有る安心感と幸福感。これは経験してみないとわからないでしょう。

ちょっとオーバーかもしれませんが、照明だけは充実させておいた方が間違いないと思います。暗さと明るさをコントロールする(できる)のもキャンプの楽しみの一つです。

(スポンサードリンク)

ランタン(1)

ランタンは、明るく照らし、その明るさのもとで食事や作業をするための照明器具です。

ガスやホワイトガソリンを燃焼させて発光する物、乾電池や蓄電池による物があります。(ホワイトガソリンとは⇒ストーブの種類(1)の説明参照)

燃料タイプ

ガスやガソリンを燃料として燃やして、発光させるランタンの場合、形としては上部に発光部があり、下部に燃料(タンクorカートリッジ)がある物が多いようです。(一部横型もあり)

下部に燃料タンク等があるため、その影になる部分には光が当たらないことになります。

ランタンをぶら下げる高さにもよりますが、この影になる部分の広さが結構あるんですよね。当然影の部分は暗くなりますからそれなら燃料を発光部の上にすればいいんじゃない?と思うのですが、燃料を燃やして発光させる=高熱が発生する為だと思いますが残念ながらそうした構造の物はありません。

電池タイプ

電池式の場合はこうした制約が無いので、発光部が下にあるものや正逆どちらでも(つまり逆さにしても)使用できる物、
横型の物など様々なタイプがあります。

最近は、LEDの発達によりかなり明るい物も発売されていて、従来明るさでは燃料式のランタンにかなわなかった電池式ランタンが、キャンプのメインランタンの座に就くのもそう遠い未来ではないかもしれません。

その他のタイプ

最近では少数派となっていますが、灯油や白灯油を燃料とする物や、ろうそくを使用する物などもあります。これらは最近のホワイトガソリンランタンや電池式ランタンと比較すると、安全性や明るさの面で実用的とは言えませんが、揺らめく炎は他に代え難い魅力があり、このランタンの明かりで一杯やるのが楽しみという方も少なくないようです。

このような特徴を理解した上で、明るさ・安全性・雰囲気など使用目的によって適した物を選びましょう。

例えばですが、明かりには虫が寄ってきますので少し離れた場所に明るいランタンを吊り下げ、そこに虫をおびき寄せます。それよりほんの少し暗めのランタンをテーブルに置き食事を取れば虫も寄らずに快適です。

また、テント内での火気の使用は危険ですから電池式を使用します。

電池式のランタンでも、最近の明るい物であれば充分読書できるほどの明るさがありますから、不足はありません。

このように、一つのランタンで全てをまかなうと言う考え方ではなく、適材適所で複数のランタンを用意するという考え方で使用すると、快適なキャンプ生活ができるのではないでしょうか。

一方ツーリングなどではいくつもの照明器具を携行することはむずかしく、そうした場合には例えばヘッドランプのレンズ部分をはずすと簡易的にランタンとして使用できるものなどを選ぶと良いのではないでしょうか。

ランタン(2)

では、ランタンの種類をもう少し詳しく見て行きましょう。

ホワイトガソリンランタン

燃料にホワイトガソリンを使用するタイプのランタンの場合、ほぼ100%がコールマン社製の物です。(他にあれば教えてくださいね)

ですからこのタイプを購入しようと思えば、コールマン社の製品の中から選ぶことになり、その製品種類は2011年6月現在5種類です。

それぞれに、明るさや取り扱いに特色がありますので、用途にあった物を選びましょう。

ガソリンランタン共通の取り扱い方法として、ポンピングがあります。これは、燃料タンク内に圧をかける為の作業で、この圧力により燃料を噴射しそこに着火します。

慣れてしまえばそれほど面倒でもありませんが、ガス式や電池式の物に比べると多少手間ではあります。

また、燃料を「燃やす」事によって照度を得るわけですから、酸欠、一酸化炭素中毒、火災などの危険性を考えるとテント内での使用は危険ですのでやめましょう。

余談ですが・・・

ずっと前ですが真冬の北海道でキャンプしたときのこと。(大晦日~元日にかけてでした)

あまりに寒いためテント内にガソリンランタンを持ち込み暖を取ろうとしたことがありました。

しかし外は-10℃以下。いかにランタンが燃えても下(つまり地面ですね)からガンガン冷えてきます。

暖気はテント上部に溜まるのですが頭だけが暑くなって体から下は冷たく寒いままで、その内酸欠(今思えば軽い一酸化炭素中毒だったかも?)でボ~ッとしてきました。

・・・と言うあたりであきらめてランタンを外に出したので今でもこうして生きているわけですが、ガソリンランタンのテント内使用は本当に危険です。ヤバイです、これは。絶対にやめましょう。

ガスランタン

燃料にカートリッジ型ガスを使用するタイプで、メーカーはコールマン、イワタニプリムス、イワタニ、ユニフレーム等。

カートリッジ型ガスを使用するので、比較的取り扱いが容易です。

明るさでは、ガソリンランタンにかなわない感もありますが、最近ではガソリンランタンをしのぐ明るさの物も発売されるようになってきました。

ストーブもガス式の物を使い、カートリッジを共用できるなら荷物も増えないので便利かと思います。

また、カートリッジ以外の本体部分はかなり小型の物もありますのでツーリングユースにも向いているかもしれません。

ホワイトガソリンやガスを使用する燃焼系ランタンに共通することですが、発光部分には「マントル」という部品があります。
必ず必要な物ではありますが非常に壊れやすい物ですので消耗品だと考えて常に予備を何枚か持って行くようにしましょう。

電池ランタン

エネルギー源が電池ですので、ホワイトガソリンやガスを使用する物と違い「火(炎)」を使用しません。

熱が出るといえば電球の熱ぐらいですから、テント内で使用するには安全で適しているといえるでしょう。
(もちろん一酸化炭素中毒の心配もありません^^)

以前は電球にクリプトン球などが使用されていましたが、最近はLEDが台頭してきています。

電球より更に発熱が少なく、明るさもかなり明るい物が出ていますから、これから購入するなら電球式よりLED式がお勧めです。

また、リモコンが付属しており離れた場所からON・OFFができる物もあります。これは電池式ならではの利点といえるでしょう。

その他のランタン

古くはろうそく、灯油、白灯油など様々なランタンがありましたが、最近はほとんど上の3種類に絞られており、実用的な意味から言ってもそれは妥当ではないかと思われます。

上記3種類以外のろうそくや灯油などを燃料とするタイプは、明るさや使い勝手を希求する物ではなく、炎の揺らめきや燃料の燃える匂いなど「雰囲気」を求めて敢えて使用する物となっているのが現状でしょう。

でも、テレビもパソコンも無いキャンプの夜、こうしたランタンを灯してゆったりとした時をすごしてみるのも一興だと思いますよ。

ヘッドランプorハンディライト?

キャンプでは普段家で過ごしているのとは違い、様々な細かい作業が発生すものです。それが暗くなってからだと、ランタンがあったとしても屋内での明るい照明とは訳が違いますから、どうしても手元を照らすライトが必要になります。

それに、トイレに行く時だって、足元を照らすライトが欲しくなりますよね?

そんな時、もちろんランタンをぶら下げて行ってもいいのですが、トイレに行く人がランタンを持っていってしまえば、テントサイトで待つ人はその間真っ暗の中で待たねばなりません。

そこで、一人ひとりが自分の手元や足元を照らすための小型ライトもあると便利になる訳です。
パーソナルライトと言っても良いかもしれませんね。

では、小型ライトはどんな物が良いかと言う事になりますが、何か作業をすることも考慮すれば、手に持つタイプよりゴムベルトなどで頭部に付けられるヘッドランプが便利ではないでしょうか?ほら、洞窟探検とかで使っているやつ、あれです。

ハンディタイプは・・・ん~私は使いませんね~。ヘッドランプなら、頭につけることも手に持つこともできますので

ヘッドランプには、電池を装填する部分が光源部分と別体になっている物と、一体になっている物があります。

一体式の物より別体式の物の方が多数の電池を装填できる物が多く、実用稼働時間は長くなると思われますが、その分全体としては重量が重くなるのは間違いありません。

また、LEDの物は消費電力が小さい=電池の持ちが良いので、単純に使用する電池の本数だけでなくその点も考慮したほうが良いでしょう。

そのLEDですが、最近増えてきました。以前は光源と言えば通常の豆電球やクリプトン球でした。(今でもありますが)明るさは電球<クリプトン球<LEDとなりますし、価格も同じ順番で高くなります。

ただし先ほども書いたとおり、LEDは電池の持ちが良いので永く使えば元が取れるかも?

ん~悩みますね。用途と必要性を考慮してウ~ンと悩んで選択しましょう。


初めてのキャンプ道具の選び方

最新情報

2017年9月17日キャンプ以外(おまけ)
石油で儲けてウッハウハ?
2017年8月13日キャンプに行った
2017ねぶた参戦記・・・6
2017年8月13日キャンプに行った
2017ねぶた参戦記・・・5
2017年8月12日キャンプに行った
2017ねぶた参戦記・・・4
2017年8月12日むかしむかし
2017ねぶた参戦記・・・番外・どこで跳ねるか

このページの先頭へ