イメージ画像

2018ねぶた参戦記・・・その5

ついに最終日になってしまった今回のねぶた。

今回は家族連れで行ったわけですが、
家族全員それなりに楽しんでくれたようで
連れて行った父ちゃんとしてはまぁよかったよかった。^^

でもそうは言っても「また来年来たい?」の質問に
「来たい来たい!」と答えたのは娘のみ。
奥様とお坊ちゃまは
「楽しいのは楽しかったけどちょっと疲れたな。」
「来年は・・・ま、もういいかな?」
といまひとつの反応ではありますが。

なんつっても一番楽しんでるのはワタシなわけで、
この辺は仕方のないところかとは思っております。

さて、本日最終日。
日中の運行には参加しませんでしたが、
夕方からは海上運行と花火大会がありますのでこちらは楽しみであります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2018ねぶた参戦記・・・その4

昨日は強い風の中、雨の恐れもありそうだったために
ねぶたはビニールを被せられ、跳ね人の数もいまひとつ。

自分的には初日でしたので楽しく跳ねましたが、
お祭りとしての盛り上がり的にはいまひとつだったような気もします。
うちの息子も寒い・痛い・眠いの三重苦でテンションダダ下がりでしたしね。

しかし、本日8月6日(夜間運行最終日)は青空もちらほら。
何とか晴れそうな雰囲気(風は相変わらず強いけど)です。

さぁ今日も一日がんばっていきましょう!

この投稿の続きを読む »

タグ

2018ねぶた参戦記・・・その3

ねぶた参戦記とか言いながら、今だ一度も跳ねてないうちに「その3」ですが
皆さんご機嫌いかがでしょうか。

もうそろそろ跳ねると思いますので少々お待ちの程よろしくお願い申し上げます。

・・・さて、昨夜は激しい雨と風にやられ、
息子のテントは浸水するという被害も発生しましたが、
いよいよ本日は我が家的ねぶた初日であります。

県立美術館を見学して帰ってきた我々も衣装に着替えていざ出陣であります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2018ねぶた参戦記・・・その2

八戸に到着後、超贅沢な朝食を食べたAO家一行。
本来の目的地、青森へと向かいます。

今回の旅では大きな失敗ではないのですが
微妙にずれた失敗とまでは言えない程度のミスが続きます。

フェリーの船室とか、
(2等寝台Bよりむしろ普通の2等の方がよかったんじゃね?)
この八戸から青森への道程もそう。

Googleさんの言うとおりの道順を選択したのですが、
これがなぜかず~~っと下道。
八戸~青森間は「みちのく有料道路」ってのがありまして、
これを利用するのが最短路。なのになぜ下道を勧める?Googleさんよ。TT

この投稿の続きを読む »

タグ

2018ねぶた参戦記・・・その1

前回更新より1ヶ月ちょっとが過ぎてしまいましたが、
8月と言えば毎年恒例のお祭り参戦記の季節であります。

ま、楽しみにしている方がいるかどうかは別として
そうした方がいようがいまいがブログにしておくのであります。

この投稿の続きを読む »

タグ

バリバリ夕張ガムバツテネ(3)

前回までではメロンあり、廃墟あり、若干のオカルトありでしたが、
今回は王道と言うか真っ当な観光的施設を巡ってみたいと思います。

先に具体的名称を列挙しますと
1.幸福の黄色いハンカチ想い出広場
2.夕張鹿鳴館
3.夕張市石炭博物館
の3ヶ所+アルファであります。

夕張というところは何度も言っている様に財政再建団体でありまして、
経費削減、また元々の財政難に陥った原因のひとつが観光化にツッコミ過ぎた
と言う面もあるためか、これらの施設はいずれも一時は閉鎖されていました。

しかし近年(ここ2~3年だと思う)再開される施設がボチボチ出てきました。

どうも若い市長さんの頑張りもあり、市民の皆さんの我慢もあり、
多額の借金もそれなりに返済していると言うことで
ある程度は市の計画でお金を使えるようになってきているようです。

そんな中ぼちぼち再開された施設はどんな按配か・・・っちゅうことで行ってみました。

この投稿の続きを読む »

タグ

バリバリ夕張ガムバツテネ(2)

前回は夕張メロン関係をレポートしました。

高級メロンですからねぇ。
庶民がそんなにしょっちゅう口に出来るものではないですが、
「たまにはリッチに!」なんて気になった方はワタシも立ち寄った
夕張市農協銘産センターさんなんかでお取り寄せも可能みたいですので
是非問い合わせてみてください。

まぁ、道外の友人なんかに言わせると
「メロンとかカニなんて食い飽きてんだろ?」的なこと言われたりもしますが、
道民だからと言って庶民はメロンもカニもめったに食いません(食えません)から!
何なら贈っていただいても全然ウェルカムでっせ!よろしく!

そんな訳で2回目のレポートはちょっとマニアックな夕張にINします!

この投稿の続きを読む »

タグ

バリバリ夕張ガムバツテネ(1)

こなさんみんばんは
突然ですが、「夕張市」って御存知でしょうか?

道民ならみんな知ってるとは思いますが、
北海道民以外の方はいかがでしょう?

かつて炭鉱の町として栄え、夕張メロンの産地としても有名ですので
その名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

でも残念ながら炭鉱閉山後財政難となり、
現在では不名誉ながら全国唯一の財政再建団体となっています。

2003年に財政再建団体に指定されて以降15年が経過し
「サービスは最低、市民負担は最高」とも言われる(超緊縮財政の為)中、
東京からやってきた若い市長さんのもと
必死に再建に取り組んでいるようです。

最近では閉館していた石炭博物館や鹿鳴館と言った史跡などが再開され、
徐々にではありますが明るい話題も聞かれるようになってきた気がします。

・・・と言うわけで、突然ですが
夕張市応援企画 夕張の観光名所を案内してみる!!
であります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2018GW後半 その4

昨日は日中思いのほか晴れて、
函館ベイクルーズなんか楽しんじゃったりなんかしちゃったりなんかして。

この調子で明日も晴れたらもう1泊しちゃったりなんかして・・・
なんて思ってキャンプ場へ帰ったらスゲェ風と雨で気持ち打ち砕かれて
ケチョンケチョンにされた気持ちで寝たわけですが、
今朝は今朝でミカさん
「寒くて眠れないんだよ~」って言ってワタシを4時頃に起こして。

でもあなた-20度対応のシュラフに入って、
その上から羽毛布団かけて寝てたわけで、
それで寒いと言われてもどうしろと?って状況な訳で。

母さん、僕はどうしたらイイのでしょう・・・(BY純)

この投稿の続きを読む »

タグ

2018GW後半 その3

家族で函館キャンプ。

その3ですが、まぁぶっちゃけ寒かったんですよ今回は。

キャンプ場ではほぼテントの中で震えていて、
せっかくお父ちゃんが一生懸命張ったスクリーンは誰もいない無人君。
なんだかなぁ・・・

やっぱりGWの北海道はまだ寒いです。
初めから全泊バンガローにすればよかったなぁと今更反省するのでした。

しかし!桜は咲いてます。
GW前半で拝めなかった桜を愛でる旅は続くのであります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2018GW後半 その2

日ごろの行いが良いせいか本日(キャンプ2日目)の朝は青空も見えております。

今日は函館の桜を堪能しようではないかと言うことで
何ヶ所かをピックアップしております。

・・・と、その前にせっかくなのでお世話になっている
きじひき高原キャンプ場
の紹介なんぞもしちゃいましょうか。

この投稿の続きを読む »

タグ

2018GW後半 その1

いやぁぶっちゃけ色々疲れていてブログ書くのも面倒ではあるんだけどね。
正直なところ・・・
でも忘れないうちに書いとかないと忘れちゃうでしょ?(ソリャソーダナ)

GW前半はほとんどノープランで男二人でキャンプツーリング。
お天気には恵まれたものの桜にはイマイチ早すぎて
見どころの点では多少消化不良気味でした。

・・・で、GW後半の4連休(5/3・4・5・6)は家族で函館へキャンプの予定です。
前半は桜咲いてませんでしたが、
函館の桜は満開のニュースが入っておりますのでこちらは期待できそうです。

なんて言ってたら天気予報は雨予報。
(|||_|||)ガビーンですがハテサテ・・・

この投稿の続きを読む »

タグ

2018GW前半  その3

夕べは迷子の子猫みたいにみゃぁみゃぁウルサイおっさんがいたので
早く寝まして、おかげで今朝は4:30に目がさめてもうた。

暇で仕方がないので朝から火をおこしたり、
IMG_0446
場内の写真を撮って時間つぶし。

この投稿の続きを読む »

タグ

2018GW前半  その2

まったく飲みすぎなんだってばよ。

おかげで起きてからもシャキッと動けず、撤収して出発したのは11時過ぎやがな。
どないすんねん、今日は日高方面行くんやろ?
はよせな夜んなってまうど!
(タクちゃんは大阪出身。二人のときはなぜか大阪弁ベースの会話が主だったりします)

この投稿の続きを読む »

タグ

2018GW前半  その1

ハァ・・・今年のゴールデンウィークも本日(5/6)で終了。
心は早くも来年のGW3連休+4連休(中3日)、
有給3連荘取れれば10連休に飛んでおります今日この頃ですが、
その前に今年のゴールデンウィークを振り返ってみたいと思います。

まずは前半の3連休。(4/28・29・30)

この3連休はお父ちゃんの自由にさせてもらってバイクでキャンプに行ってきました。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ