イメージ画像

冬が近づいております。

こなさんみんばんは

今年の北海道は冬が早いようで11月半ばには結構な量の雪が降って慌てました。
気温も一気に下がり、「このまま冬突入じゃねーの?」とか思って
慌てて冬タイヤに履き替えたのに、
なんとっ!と言うか、やはりと言うかその後気温は平年並み?の暖かさ。
(って言ってもそれなりに寒いけど)

雪は全て溶けてしまい、そうなると今度は冬タイヤの減りが痛ましい今日この頃です。

この投稿の続きを読む »

タグ

久々に「ねぶた」参戦!・・・4

さぁついに最終日。
今日7日はねぶたは昼間の運行です。

この炎天下で跳ねるのは老体には無理。
確実に死に至ります。

ですのでキャンプ場で冷たいものでも呑んでいることにしましょう。^^

と思ったのですが、Kちゃんがラーメン喰いに連れて行ってくれるというので
一緒に浪岡方面へ。
お土産も買わなくちゃだもんね。

この投稿の続きを読む »

タグ

久々に「ねぶた」参戦!・・・3

明けて3日目。

そろそろ連日の二日酔いが老体に効いてきます。
そして朝は暑くて寝ていられず6時には目が覚めてしまうため寝不足。
二重苦です。

夕べはがんばって跳ねたものの寄る年波には勝てず
胸が痛くて死にそうになると言った醜態をさらしてしまいました。

そこで!と言うわけではないのですが、
今日は朝から飲むのではなく!
(いや呑まされるので逃げる為って話もあるが)
なんとツーリングに行くのであります。

青森市から60~70km。
十和田湖まで行ってみようかと思い立ちました。
途中には有名な温泉もあるし、
奥入瀬渓谷なんかもあるのでのんびり日帰りツーリングには丁度よいのではないかと思いましてね。

この投稿の続きを読む »

タグ

久々に「ねぶた」参戦!・・・2

青森港に着けばキャンプ場は目の前です。
フェリーターミナルのすぐ横にねぶた期間特設のサマーキャンプ場がありまして、
ここが目的地になりますからフェーリー降りたら3分で到着ですよ。

このキャンプ場については来る方にはぜひ知っておいていただきたいことがあるのですが、
まぁそれは長くなるのでまたの機会に。
ただ、ここはキャンプ場と言っても基本的に「ねぶた祭りの為」の場所です。

したがってキャンパーは皆、祭り中心に動いてますから
夜(祭り終了後)~夜中(祭りの余韻)はかなり騒がしいです。
これはマナーが悪いとか言うことではなく、
そういう場所であり、そのために開設されているキャンプ場であることを知っておくべきです。

コレだけは強く言っておきたいですね。
91年から行ってる(間だいぶ飛んでるけど)おじさんとしては。
(今回この記事を書くに当たってアルバムをひっくり返してみたら91年から行ってたようです。
ずいぶん昔だねぇ。歳をとるわけだ。)

その代わり日中(体力温存中)と祭り開催時間中(祭り参加のため市内へ行ってる)時間は静かですよ。
わりと・・・(比較的・・・わりと・・・ですけど^^)

この投稿の続きを読む »

タグ

ホームグラウンドでキャンプ

7月の連休は海の日・・・ですが、
海へは行かず近くのホームグラウンドとも言うべきキャンプ場へ。

今年の夏はワタシ一人で出かける予定もあるもので、
今の内に家族サービス(点数稼ぎ)もしておかないとね。

と言うわけでしょっちゅう行ってますが、南幌リバーサイドキャンプ場へ

この投稿の続きを読む »

タグ

ゴールデンウィーク!  その3

最近は家族でキャンプへ行くことが多かったので
どうしても快適性を求めてきれいな事を条件にキャンプ場を選んでたんですが、
今回はおじさん一人の気ままな旅ですので
「キレイ」と言うことはさほど気にしません。
もちろんキレイにこしたことはないのですが・・・

この投稿の続きを読む »

タグ

ナルゲン スキットル

連日連投です。^^

突然ですが・・・
ワタシ通販を利用することが結構多いんですよね。
そうすっと当然いろんな運送業者が来るんですが、
中でも通販の場合佐川急便を利用されることが多いんです。
まぁ運送業界に身を置いたこともあるので佐川は運賃が安いとか、なぜ安いのかとか
ってなこともわかるんですが、その分サービスレベルはモンノスゴク低いんですな。佐川さん。
通販を頻繁に利用しているせいか佐川急便には嫌な思いをさせられることも度々。

時間指定を守らないなんていうことは当たり前で、
先日は時間指定を守らないどころか、朝荷物を持ち出しているにも拘らず配達に来ませんでした。
こちらはネットで配送状況を確認してますから
「今日来るな」と言うことで朝から待ってたんですがね。
夜になってあまりに遅いので電話したら既に受付時間外。
翌日電話したら「あぁ忙しかったんですね」だって。   なめとんのかゴルァですわ。
そりゃそうかもしれんがその前に言うべき言葉があるだろうがボケェッ!

この投稿の続きを読む »

タグ

2016年1月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他の道具

最北の酒蔵に行ってきた・・・その2

自宅を出てから2時間ほどでお父さん憧れの地?ゾウモウ・・・
いえ、増毛(マシケ)町に到着です。

まずは何はともあれ今回の目的、
「最北の酒蔵 国稀酒造」を訪問しましょうかね。

この投稿の続きを読む »

タグ

最北の酒蔵に行ってきた・・・その1

ワンバンコ

ワタシの住む北海道は11月ともなれば「ほぼ」冬であります。
まぁ初冬とか晩秋ってな言い方もあるかも知れませんが、
とにかくもうバイク乗るには寒い季節ってことです。

ですが昨日11月3日は文化の日でお休み、
前日2日に職場のおばちゃん曰く
「明日は暖かくなるらしいよ。17度まで上がるってさ」
との話を小耳に挟んでしまいまして、
「こ、これは今シーズン最後にチョコッとどこか走りに行くべかな?」
と思ってしまったワタシなのでありました。

 

さて、明けて11月3日文化の日。
どこか走りに・・・と言ってもどこへ行こうか考えたのですが、
今シーズンのシメになりそうなツーリングですので目的無しって言うのもなぁ・・・
と考えまして、前から行ってみたかった「日本最北の酒蔵 国稀酒造」を目的地に決定。
国稀酒造は増毛郡増毛町
(マシケグンマシケチョウです。ゾウモウではありませんよ!お父さん!)
というフサフサしてそうで暖かそうな地にあるのですが、
この増毛というところは北海道の北西部にありまして
その名とは違ってどちらかというと寒そうな場所なのであります。

そんでも17度まで上がるというおばちゃん情報を信じて
朝9時に出発したのでありました。

今回行きは敢えて遠回りを承知の上で山側を通っていくことにしました。
先に通ったルートをお知らせしますと・・・
往路地図
(出発地は駅に設定してますがもちろん本当は自宅出発です)

遠回りと言ってもGOOGLEさんは2時間半ほどで着くと言ってますので
実際にはもう少し早く、2時間程度の行程でしょうか。

ゆっくりとワインディングを楽しみながら走るとしましょう。

9時に出発して当別町から道道に入り快適な(^^)スピードで流します。

この道はライダーに結構人気の道で、
適度なワインディングが続き、周辺に民家も少ないため交通量もまばら、
追い越し禁止区間も少なく、パンダみたいな車も滅多にいないという最高の道なのですよね。

遠回りではありますが滝川や留萌にも抜けられるので
時間があるときは是非この道がオススメであります。

ワタシがイイ感じで流しているとイキナリ
DUCATI(たぶん)Panigaleがバヒューンと抜いていきました。

ありゃぁ○20以上は軽く出てたな。
わたしゃその音でビクッ!w(゚o゚)w オオー!としてしまいましたよ。
あ~おんどろいた。

んなろぉ~~~っと思ったところで
こっちは250cc単気筒ですからね。
追いつく訳もございませんのでおとなしく見送りましたが。
ま、お気をつけて。

さて、そんなわけでのんびり(?)2桁後半~時々3桁位で気分良く走っておりますと
前方に雪を頂いた山が出現します。
DSC_0018
本当はもっと大きくキレイに見えてたんだけどなぁ。
携帯写真だとこんなもんか。

この景色が見えるのはR451にぶつかるちょっと前なので
雪をかぶった一番高い山は暑寒別岳でしょうかね?(たぶんですが)

ここでチョイとキジ撃ちをいたしまして・・・^^;

いやぁ天気は良いんですが結構寒いんですよ。
そのせいで近くなっちゃってね。
(決して歳のせいではなく寒いせいです。ゼッタイ)
本当に17度まで気温上がるのかなぁ。

え~すっきりしたら気を取り直して先へ進みましょう。

道はやがてR451に当たりますのでこれを左折します。
しばらく良くと今度は海沿いに出ましてR231オロロンラインとなります。

このR451とR231があたる辺りは海水浴場&キャンプ場がありまして、
我が家でも何度か行った事があるのですがシーズン中は道路もキャンプ場もブタ混み。
川下海浜公園キャンプ場というのですが、
混んでなければいいところなんですがねぇ。
ま、いい所だから混むんでしょうが。

そんな川下海浜公園もこの時期は閑散としておりまして
いるのは駐車場に停めた車の中でXX(チョメチョメ)してるっぽいアベックとワタシくらい。
砂浜を爆走してみようかと思ってちょっとだけ乗り入れてみたんですが
思い切りスタックしそうになって青くなったのでやめました。
アベックのお邪魔しても悪いのでサクッと海の写真撮って退散しましょう。
DSC_0020

今は~もう秋~誰も~いない海~ってか。
走り始めて口から出る歌はやはりこの歌でした。

海沿いの国道は混んでいるイメージだったのですが
意外にも空いていて快適です。
とは言え一応国道ですのでどこにハンターが潜んでいるとも限りませんので
先程より若干スピードも控えめに走ります。

 

 

海沿いに出てから30分ちょっとでしょうか。
ゾウモウ増毛町に到着です。

といったところで・・・
え?また?やっぱり? ハイ、次回に続きます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ

SW(シルバーウィーク)キャンプ・・・三日目(その2)

旭岳登山もいよいよ佳境であります。
言うなれば最終キャンプ~頂上アタックという局面。

しかし過酷な登山に隊長の体力も厳しい状況で隊員その4(マルオ)の士気もダダ下がり。
果たしてアタックは成功するのか?

・・・いや、もちろんそれほどのこっちゃない訳ですが。
・・・とにかくもうひと踏ん張りってところなのです。

この投稿の続きを読む »

タグ

SW(シルバーウィーク)キャンプ・・・二日目(その2)

え~っと、どこまで行きましたかね?
正直結構疲れるんですよ?帰ってすぐブログ書くのもね。
でもすぐ書かないと忘れちゃうしね。歳なもんで。

あ、そうそうかしわ園ね。
かしわ園?
二日目(その1)で書きかけた元キャンプ場のことです。

この投稿の続きを読む »

タグ

SW(シルバーウィーク)キャンプ・・・初日(その1)

長いプロローグを読んだ方、ご苦労様でした。

上のタイトルを見てわかるとおり
初日(その1)であります。
この先も長くなりそうですがよろしくお付き合いの程を・・・

さて、今回のキャンプですが3泊4日の予定です。
このSWは5連休ですがキャンプから帰って仕事に行く前に1日体を休めようという
老体ならではの考えで3泊4日なのであります。

そう5連休フルに遊ぼうなんていう体力はもう無いのであります。

この投稿の続きを読む »

タグ

真冬の聖地巡礼男旅 2015 その5

カァ~~カァ~~ガサガサ・・・カァ~ガサッ
・・・とカラスがゴミをあさる音で目覚める日曜の朝でございます。

昨夜はマルオと親子二人車中泊。
厳冬期用シュラフ+羽毛掛け布団で寒さも感じず、
むしろ暑くて足を出して寝てましたが、
そのおかげ(シュラフ&布団がバホバホ)で車内は少々狭かったです。

しかしまぁ寒くもなくゆっくり眠れてすっきりお目覚め。(8:00起床でした)

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年1月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:冬遊び 観光

真冬の聖地巡礼男旅 2015 その4

さてその4です。
言っておきますが今回の記事は1泊2日のちょっとした旅行(?)です。
しかもまだ1日目が終わってません。

それはさておきですな。
ここでもう一度今回の宿泊地をおさらい。
今回泊まろうと思ったのは余市町の道の駅
「スペース・アップルよいち」です。
ここの駐車場をお借りしての車中泊という計画です。

この投稿の続きを読む »

タグ

真冬の聖地巡礼男旅 2015 その3

さてその3ですがグレーンウィスキーの話をもう少し。

ワタシのような素人はモルトウィスキーばかりに目が行ってしまいがちですが、
グレーンウィスキーとは何ぞや?ってことですね。

モルトウィスキーとは違いトウモロコシや小麦などを原料(モルトは大麦麦芽のみ)に使用し、
連続式蒸留器(モルトは単式蒸留器=ポットスチル)で蒸留して作られます。
モルトに比べ個性的な香味に乏しいですが、
そのため逆に個性の強いモルトの香味を和らげる為にブレンドされたりします。

ブレンド用の安酒で味はイマイチ、
ツウはモルトに限るぜ・・・的な思いもあったりしちゃった素人の僕ちゃんですが
今回余市で購入した「カフェグレーン12年」はどんな味でしょうか。

ニッカでは連続蒸留器でも「カフェ式」にこだわったようで
かの竹鶴政孝氏がカフェ式蒸留器を導入した時既に世界では型遅れと言われていたらしい。
それでも敢えて導入したカフェ式の実力たるやいかに?

まぁ正直なところカフェ式ってのがどんなものだか良く知らないのだが、
竹鶴政孝がそこまでこだわったカフェ式蒸留器で作られるグレーンウィスキー。
ノンエイジのカフェグレーンは市販されていますが、今回購入したのは12年と表記されています。
市販のノンエイジ物と飲み比べてみたいですね。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ