イメージ画像

キャンプにおいての刃物について その1


・・・なんて大それたタイトルつけちゃいましたけど。

その内気が向いたら第二段を書くかもしれないので一応「その1」と言う事で。

キャンプでは様々な「刃物」を使う機会があります。

料理には包丁と言うのはもちろんですが、
薪を切ったり割ったりするにはノコギリやナタ。
ちょっとした作業にはフォールディングナイフなんかがあると便利です。

そんなわけで今回は
「無くても何とかなるかも?しれないけどあると便利なもんですな」・・・のこころだぁ~
(今回は小沢昭一的にはじまるのであります)


今までのキャンプ生活の中で
結構たくさんのナイフを使ってみましたが
その内のいくつかを紹介して見ましょう。

今回はポケットナイフの類を。

例えば料理の時には包丁が無いと不便ですが、
チョイとお酒を飲んでいる時なんかに
「おっ!サラミがあるじゃん。どれどれ・・・」
と言ったと場合、
いきなりガブリと喰らい付くワイルドな方は別として、
やはりワタクシのように上品なシティーボーイの場合は薄くスライスして食したい。

そんなときにワザワザ包丁を取り出すのもやや無粋でありまして、
キャンプの夜であれば、そこはフォールディングナイフなんぞを
ポケットからシャキーンッと取り出してスパッとスライスしたいものであります。

できれば一口分をスライスしてそのままナイフを口元に持って行ってサラミを口にすれば
気分(だけ)はロンサムカウボーイなのであります。

そうした場面で登場させたいナイフがこちら

ん~なにやら一見かっこいいナイフではあります。
・・・ありますが、
実はこうしたナイフはコレクションアイテムと言うか
観賞用の意味合いが大きいようで正直なところサラミを切るくらいにしか使えないんですな。
(というか使いずらいんですね)

切れ味も微妙だし、サラミを切るくらいにしか使えない。
(サラミを切る程度ならOKですが^^;)

まぁコレはワタシが若かりし頃の遺物であり、
現状は箪笥の肥やしとなっております。
実用品としては・・・チト残念であります。
そんな格好に重点を置いたナイフに不満を感じていた若かりしAO青年は
実用的なナイフに目移りしました。

・・・で、実用品としてはピカイチのナイフ。

有名なオピネルのナイフです。

この写真のものは№12ですが、このほかにも何本か買った覚えがあります。
例えば手元に現存する変り種としては

オピネルのフィレナイフなんて物も買いましたな。

この2本の他にも様々なサイズの物を何本も買った覚えがあるのですが、
この他もう1本はあるものの、
それ以外のオピネルはどこかへ行ってしまいましたなぁ。
(ん~みんなどこ行ったんでしょうかね?)

このオピネルのナイフは刃が思い切り鉄!(フィレナイフはステンレス)でして、
ガンガン研いでガンガン使え、しかも非常に良く切れると言う優れもの。

こいつは料理からその他諸々まで非常に役に立ちます。
値段も安いのでとても重宝しましたが、
料理にはやはり普通の包丁のほうが使い勝手が良く、
現在は現役を引退しております。

しか~し!現在でも我が家の台所にて
例えば「熟れ過ぎて柔らかくなったトマトを切る」と言うような場面に備え、
切れ味を整えて控えているのであります。
(その位良く切れます)

 

 
正直なところ料理をするときは包丁が一番使い易いのですが、
(これらのナイフを使ってみて気づいた)
まぁこうしたナイフも1本くらいはキャンプ道具の中に入れておいても損はない物だと思います。

さて、次回は「ナイフに付加価値つけても良いんじゃな~い」のこころだぁ~

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] そんなナイフについては以前も2回(コレとコレ)にわたってブログを書きましたが、 今回は子供たちに買ってやったナイフについて。 昨年のクリスマスプレゼントとして子供たちにナイフをプレゼントしました。 […]

コメント

  1. えふぅ より:

    自分もオピネル持ってましたねぇ。
    ナイフって言うのは、女性にとってはさほど興味をかき立てるものは無く
    往々にしてナイフ売り場のショーウィンドを覗き込んでいるのは、小さい
    男の子から初老の男性までと得てして「男」の本能をくすぐるアイテム
    なんでしょうね(^^;

    様々なシュチュエーションでそのナイフを持って活躍している自分を
    想像したり、妄想したり(笑)

    ナイフこそ男の持ち物です(^_^)b

    • ao(あお) より:

      Fさん、どうもです。
      オピネルはやはり誰でも一度は手にしたことがありますよね。
      切れ味とか実用性、値段なんかから言って、
      ナイフとしては恐らく最高なのではないかと思いますが・・・
      無骨なナイフではあります。(そこがいいんですがね)

      昨今は銃刀法も厳しくなり
      昔ほど気軽に携行することもできなくなりましたがね。
      なんとなくこういった物には心がときめいちゃいますな。^^


コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ