イメージ画像

キャンプにおいての刃物について その2


その内、気が向いたら・・・とか言って前記事を書きましたが、
書き切れなかったので「その2」にしちゃいますよ。

前回、ポケットナイフについて書きましたが、
ポケットナイフといえば忘れてはならないのが8徳ナイフとか10徳ナイフの類ですな。

通常のナイフにナイフ以外の機能を付加した物ですが、
付加された機能はそれぞれの製品によって違います。

たくさんの機能を付加したがため
逆にナイフとしての使い勝手や
料理の際などの使い勝手は悪いかもしれませんが、
ポケットに忍ばせておくと色々と活躍する場面は多いはず。

あると無いとではキャンプ生活の快適さは違ってくるのではないでしょうか。

 

 
この手の物で有名なのはなんと言ってもビクトリノックス。

他にもウェンガーとかレザーマンなんていうのもあって
それぞれに個性があってなかなか面白い。
 
私の場合、
旅に出る時にはいつもコレが一緒でした。

ビクトリノックス(たぶんチャンピオン?)

実はご覧の通りビクトリノックス社100周年記念モデルなのですが、
一般市販されたモデルではないような・・・

ワタシの親父が仕事の関係でビクトリノックス社創立100周年記念パーティーに招待され、
その際にノベルティとしていただいてきた物なんですよ。

コルク抜きの収納部にはシリアルナンバーらしき物が・・・
(でも11430番^^;ですが・・・いったい何本作ったんでしょうかね?)

ですからもしかしたら正規販売品ではないかもしれないし、
ネットで探しても同じ物が見当たらないので
もしかしたらマニア垂涎のレアモノ?かも知れませんが。

そこいらじゅう傷だらけだし、
毛抜き?の根元のプラスティックは欠けてて取り出せなくなってるし・・・

スイマセン。ワタシ的には思い切り実用品として使っております。

いいんです。道具なんですから。使ってナンボ!でしょ?

コイツとは北海道から沖縄まで日本中を旅しました。

仲間とワイワイ飲み明かした夜も
独りしんみり焚き火の火を見つめた夜も
いつもそばにいてチョイと役に立ってくれたかわいい奴です。

その内息子が大きくなったら譲ってやろうかなどと思ってたりするのですが・・・
はてさて欲しがるものやら・・・

さて、このビクトリノックス社製の多機能ナイフは昔から有名ではありましたが、
後発メーカーも負けてはいません。

例えば多機能ナイフにプライヤー付きというカテゴリーを確立したといっても過言でないのが
レザーマンではないでしょうか。
(最近ではビクトリノックス社もプライヤー付きモデルを発売してます)

かく言うワタシも恥ずかしながらレザーマンもひとつ持っております。

juice XE6と言う小型の物ですが。

このレザーマン。
多機能ナイフに「おまけとして」プライヤーが付いたと言う物ではありません。
むしろプライヤーにナイフを付けたと言っても良い位しっかりした造りのプライヤーが付いてます。
(これがかなり便利なんだなぁ)

しかもナイフの切れ味も正直なところビクトリノックスより上。
良く切れるんです。

ワタシのビクトリノックスと比べると

サイズ的にはこんな感じです。

レザーマンのナイフにはもっと大きな物もあって
それらの方がさらにしっかりしたプライヤーが付いているのですが、
ポケットに入れて持ち歩くにはこの位が限界の大きさ(重さ)かもしれません。
ビクトリノックスもほぼ同じくらいの大きさですから良く研究された大きさなのでしょう。

プライヤーを開いて握るとこんな感じです。

ワタシ、男性の手としても結構大きな手をしてますのでちょっと小さく見えますが、
女性の小さな手ではもしかすると持て余すかもしれません。

まぁしかし。
このプライヤーがまぁ~便利。
長らくビクトリノックスを愛用していましたが、
こんなに便利な物だとは・・・目からうろこが落ちた思いでした。

熱いコッヘルをつかむとか、地面に食い込んだペグを抜くとか、意外にも使い道が多くてビックリ。

なんとなく思いつきで買ってみたものの、
今ではビクトリノックス君の地位を脅かす存在になっております。

ビクトリノックスにあってjuiceに無いのは虫眼鏡くらい?

かといって愛着のあるビクトリノックスも捨てがたく、
結局のところ重たいポケットを気にしつつキャンプへ出掛ける私なのでした。

いつか息子にビクトリノックスを譲り、
それをポケットに入れた息子と、
レザーマンをポケットに入れたワタシ、
一緒にキャンプに行って焚き火を前にサラミでも食えたらなぁと親父は夢見るのでありました。

ちゃんちゃん

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. えふぅ より:

    ビクトリノックス社100周年記念モデルのチャンピオン渋いですね!

    ナイフ一つでここまで語れるのはやはり・・・・漢(おとこ)ですよ(^_^)b

    • ao(あお) より:

      100周年チャンピオンはもらい物なので・・・
      ガンガン使って傷だらけです。^^;

      ナイフに限らずいわゆる道具ってもので
      語れる(語りたい?)のが漢ってもんでしょうかね。

      女性には理解できないようですが。
      漢って・・・楽しき哉、我が人生?だと思ってますよ。


コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ