イメージ画像

わが家の小型テント


管理人が初めて買ったテント

自分で言うのもなんですが、なかなか物持ちが良いほうだと思います。

それでも初めてキャンプした日から彼是20年以上が経ち、今までに使ったテントも6つ(スクリーンテント含む)となりました。

私が初めて買ったのは、ダンロップのツーリングテント(二人用)でした。

 

大昔の写真ですが・・・こんなのしかありませんでした。^^

このテント、ツーリング用というだけあって確かにコンパクトになります。

・・・が、中もせまい。^^;二人用とはいうものの一人+日本一周バイクツーリングの荷物が一緒に入ると一杯になる程度の広さしかありません。

また、写真の形状を見てもらえば想像できるかと思うのですが、前からの強風には思い切りあおられて飛びそうになり、後ろからの強風には思い切りつぶされてしまうと言うなんともトホホな設計。

初めてで何もわからず、パッキングが楽そうだということだけで購入したのが災いしました。TT

広いテントが欲しい!

その後、日本を南へ北へと旅するうちに、もう少し広いテントが欲しくなって買ったのが、同じくダンロップのRシリーズ3人用(品番忘れた)です。

二人用のツーリングテントと比べて、一人分のスペースが増えただけのはずなんですが、天井高が高くなり、床の形もツーリングテント三角に対してこちらは長方形。その効果による広さ感の違いはかなり大きな物でした。

これまた大昔の写真ですが・・・91年ねぶたにてです。

このテントは、広さも一人なら必要充分だったのですが、2年くらい使った頃、旅先で設営中に強風の為ポールが折れた事もあり、ダンロップテントのの最高峰Vシリーズに手を出してしまうことになったのです。

 

ちなみに余談ですが・・・

テントのポールが折れたのは、秋の北海道は洞爺湖畔のキャンプ場。そう、隣に公衆トイレと駐在所がある北海道民には有名なキャンプ場です。

雨と強風の中、無理に設営しようとして風にあおられ、無理に押さえつけたところバギッ!嫌な感触が手に伝わり・・・。ふと見るとテントの妙な部分が不自然に「く」の字に折れていたのです。

「オワッ!」と思ったものの、ポールの折れてしまったテントは建ちません。カッパを着たままヘナヘナと座り込み途方にくれたのですが・・・

おぉ!これぞ天の助けか神のご加護か日ごろの行い(?)か!すぐそばに壊れた傘が捨ててあるじゃないですか。

「も、もしや・・・」と思って折れたポールと比べてみると、傘の真ん中のフレームはポールの内径にぴったり!つまり折れたポールの内側にキッチリすっぽり入る太さ。

この傘のフレームを利用して、ポールを修理することができたのです。

・・・とまぁ、そんな事もありそろそろ新しいテントが欲しいなぁなんて思うようになったんですね。

いつかはV!

この写真はペグダウンしてないのでフライがたるんでます。 本来はもっとシャキッとしてます。ハイ

さてさて、余談が長くなりました。m_ _m

ダンロップRテントの次に手にしたのがダンロップの・・・いや、国産山岳用テントの最高峰と言っても良い(?)でしょう。チョモランマ遠征隊も使用したというダンロップVシリーズ4人用テントです。

なぜこのテントにしたのかというと・・・

長いことキャンプ生活をしていれば、悪天候に会うことも珍しくはありません。(さっきの余談のように^^;) ことに風はテントにとって最大の敵といっても過言ではないと思いますが、強風に強いテントナンバーワンとしてキャンパーの間で有名だったのが、このダンロップVシリーズだったのです。

実はRシリーズを購入する時も、「いつかはV」と心に秘めていたのですが、お値段も最高峰にふさわしい物だったために泣く泣く諦めたのでありました。

そんなRテントのポールが折れてしまったため、「次に買うならV!」と思ったわけです。

Rテントは3人用でしたが、さらに大きな4人用にしたので一人で使うにはゆったりのんびりできる余裕の広さです。「これで長期滞在もOK!」と思ったものです。

 

しかしなぜ一人で使うのに3人用から4人用にしたのか?そこまで広くなくてもいいんじゃないの? と思いますよね?それには訳があるのですが、その前にVテントが風に強い訳を・・・

 

Vテントが風に強いのには当然ながら訳があります。

 

山岳用テントだけに高さは低く抑えられており、ポールもジュラルミン製の強固な物です。しかも前後室部分にもポールが入るという頑丈な造り。これなら少しばかりの風にはびくともしません。

 

そう、この風に強くするために全高が低く抑えられており、その為3人用のテントになれてしまった自分には若干圧迫感を感じてしまう。そこで、さらに面積で一人分広い4人用にしたというわけです。

 

確かに、このテントは間違いのない物でした。

 

度々強風の中で張ってもびくともしませんし、設営も撤収もあっという間にできちゃいます。

 

購入してからとっくに10年以上経ちますが、一人でキャンプに行くような時には今でもバリバリ現役で使用しています。


★ダンロップのテントを楽天で探す★

わが家のキャンプ道具の紹介

最新情報

2017年9月17日キャンプ以外(おまけ)
石油で儲けてウッハウハ?
2017年8月13日キャンプに行った
2017ねぶた参戦記・・・6
2017年8月13日キャンプに行った
2017ねぶた参戦記・・・5
2017年8月12日キャンプに行った
2017ねぶた参戦記・・・4
2017年8月12日むかしむかし
2017ねぶた参戦記・・・番外・どこで跳ねるか

このページの先頭へ