イメージ画像

その他のわが家のキャンプ道具


キャンプというのは当たり前ですが野外で生活をするわけで、そうすると色々と細かい道具も必要になってきます。

包丁・まな板・コッヘルなどの調理器具、塩・醤油などの調味料、ランタンやストーブの燃料や電池、その他にもあると便利なあれやこれや・・・まぁ欲張ればキリがないのですがね。^^

我が家ではそうした細かい道具類はプラスチックのコンテナケース2個にセットして普段は物置に入れてあります。

こうしておけばキャンプのたびに細々と用意する手間が省けるので、朝起きて天気良いぞっ!⇒キャンプ行くかっ!⇒行くぞぉぉぉぉっ!と言う時にも速攻で出掛けられるってもんです。

もちろんセット済みですから忘れ物をすることもありません。

このページではそんな我が家のコンテナボックスの中身をご紹介しましょう。

コンテナボックス その1

クリックで拡大(新しいウィンドウが開きます)

かなりグチャグチャでお恥ずかしいのですが。^^;

右上からいきますと・・・

①桶&ザル

食器類などを洗う際に洗い桶(兼炊事場までの運搬具)として使用。

ザルは無くても良いのですが、キャンプ場で「そうめん」とか「そば」食べるのってある意味贅沢ですよね

(・・・と思うんですがどうでしょう?)

②食器類

ほとんど100円均一で揃えた物で、

ステンレス製のふた付きボウル(直系10cmくらい)+四角いバット(10cm×15cmくらい)

各4個(4人家族なので)等です。

③コッヘル&コップ&パーコレーター

コッヘルは大中小のセット×2セットで全部で6個。

(実際には大と中の使用頻度が高く、小はあまり使用しません)

コップはビールの景品でもらった4個セットのプラスチック製。

(これ以外と便利です)

パーコレーターは焚火で使用したためフタの取っ手部分が溶けて無くなってしまい、パーコレーターとしては使用できません。TT

安物のパーコレーターはフタの取っ手がプラスチックで出来ているため焚火で使用すると溶けちゃうんです。ストーブで使う分には問題ないんですけどね。

ガラスの取っ手が付いたものは高いんですよ。TT(取っ手だけで1000円以上します)まぁでも、しかし・・・現在は単なるヤカンとして余生を送っておられます。

これがまた意外と便利で我が家では無くてはならない物になっています。
★楽天でパーコレーターを探す★

④まな板他

まな板とお玉、それにトング。

隣の白いケース内には包丁(大小)・ピーラー・焼き串・シリコン製コーヒードリッパーが入っています。

一番便利なのはトング。焼肉他すべての焼き物に大活躍で、私専用の器具となっています。ちなみに私はこれ1つで箸もスプーンも必要ありません。(ちなみにこれも100円ショップで購入)

⑤調味料関係です。

塩・コショウ・醤油の基本調味料にサラダ油(ビニール袋入り)・ダシ・砂糖等です。

コーヒーフィルターも写っていますがその下のグリーンの物体はキャンプ用のイスに取り付ける簡易パーソナルテーブル(?)と言うような物ですが、あまり必要ないです。(我が家でも滅多に使用しません)

⑥割り箸

説明不要だと思いますが竹製の割り箸(100円ショップで購入)を使用しています。最近はマイ箸を持参するようになって滅多に使っていません。

⑦洗剤類

食器洗い洗剤・洗濯洗剤・手洗いソープです。普通の化学合成洗剤です。

よく「アウトドアでは自然保護のためにローインパクトの洗剤を云々」などと言う人がいますが、そういう人は当然焚火をして無駄に二酸化炭素を排出したり、食べもしない魚を釣ってキャッチ&リリースしたりせず、家でも値段の高いローインパクトな洗剤を使っていることだと思いますが、私のように人間のできていない人は値段の安い普通の洗剤を家でもアウトドアでも使用します。

⑧燃料類とガソリンストーブ

ランタン用ホワイトガソリン

(コールマンのは値段が高いので使用しません。これは地元のホームセンターで4L/2080円でした。)とガスストーブ用のカートリッジガス。

赤い缶はガソリンストーブ(ホエーブス725)です。

その手前にはイージーポンピング(ランタン等のポンピングを容易にするための器具)とガストーチの本体です。イージーポンピングは今や廃盤品ですがまぁあっても無くてもどうということの無い製品ですからね。

ガストーチはホエーブスのプレヒートや炭の火起こし等に使ったりします。まぁこれも要らない人には要らない品でしょう。

隣にある茶色いポーチにはランタンの予備マントルやジェネレーター等が入っています。

⑨洗濯ばさみ&S字フック

これは是非用意しましょう。便利です。洗濯物を干すだけでなく、「何」と限定せず様々な用途に使用できます。

ある程度たくさんの数量を用意したほうが良いですから、もちろん100円ショップで購入です。

⑩電池など

乾電池と携帯電話の充電器です。最近は使い捨てではない充電池を使用する方も多いですが、容量の関係で私は乾電池派です。

使用する機器の関係で単1・単3・単4をそれぞれある程度の数常備しています。

携帯電話のバッテリーは1~2日程度しか持ちません。まぁ電話の無いキャンプは悪くないのですが、携帯を音楽プレイヤーとして使用しているので充電器はやはり必要になります。

⑪防虫剤など

永遠の定番蚊取り線香とキンカンをはじめとする虫刺され対策グッズです。

オススメは「おそとでノーマット」。テント内にぶら下げておくと蚊取り線香より効きます。

虫除けや殺虫剤はアウトドア用のものがたくさんある様なので用途によって使い分けても良いのではないでしょうか?
★楽天でアウトドア用虫除け・殺虫剤を探す★
⑫(ミニ)シュラフ

その昔一時期使っていたサマーシュラフ(ダウン)とモンベル製ウォームアップシーツです。シュラフはペラペラですが夏場なら充分に使えるものです。

ウォームアップシーツはシュラフの中に入れて使用する物でシュラフだけではちょっと寒いときに重宝します。

★楽天でこの商品をもっと探す★

実際には使用することは滅多にありませんが小型なので念のため道具に入れてあります。

⑬灯火類

ガソリンランタン以外の小型ランタンやヘッドランプなどです。

 

★この商品を楽天でもっと探す★


オススメは「ジェントス EX-700RC」です。電池式ランタンとしては非常に明るく便利です。

テント内の明かりは基本的にこれで問題ないでしょう。リモコンもあってこれが意外と便利です。とても明るいので逆に手元灯というか、あえてチョッと暗めの明かりが欲しいと思い

 

★この商品を楽天でもっと探す★

同じくジェントスの「EX-547SR」も購入しましたがこれも大きさの割には明るく使用目的としてはグッドな選択でした。

その他、トイレに行く際や手元で作業する際などにはヘッドランプも必需品です。

⑭花火

これはまぁ「おまけ」ですが・・・100円ショップ商品ですが、常備しております。

 

以上がコンテナボックス その1の中身です。

なんだか必要無い物もたくさん入っているようないないような・・・

では続いてコンテナボックス その2の中身紹介です。

 

コンテナボックス その2

クリックで拡大(新しいウィンドウが開きます)

今この写真を見て気づいたのですが、このコンテナボックスに収納している品物がもうひとつありました。2バーナーガスストーブ(キャンピングガス ジェラールJr)です。

そういえば写真を撮ったとき使用中だったんで写ってないんですね。スイマセン。と言うことでそこんところはさらっと流して・・・その他の品物の紹介です。

①イス

イスと言っても小型の簡易チェアです。

今となっては滅多に使いませんがウォータータンクを置く台にはなります。

なぜ毎回持ち歩いているかは不明。^^;

②干し網

我が娘が持っておりますコレ。そう、魚なんかの干物を作るのに使うアレです。(都会の方にはわからんかもしれませんが)

コレは洗った食器類なんかを干すために使用します。

コールマンなんかではそれ用の製品(ハンギングドライネット)も売ってますが高いので買いません。

コレで充分です。(って言うか四角いほうが何かと便利だと思います)ちなみにコールマンの半分以下の値段でした。

③炭

バーベキュー用の炭です。100円/㎏くらいが相場でしょうか。備長炭とか高級な物は・・・買えません。TT

④ダッチオーブン

ノーブランドの激安品(確か1980円くらいでした)ですが、充分使えてます。

たまに気が向いた時にローストビーフを作ったりしますが、ほとんどの場合、普通に鍋物する時とかに使ってます。

ハイ、すいません。
★楽天でダッチオーブンを探す★

⑤アルミホイル・ラップ

焼き芋作ったりするときにはホイルがあると便利ですね。まぁ他にも利用場面はあると思います。

ラップは食べ残しを保存するなど家庭での使用用途と基本的には同じです。

⑥ビニール袋

普通にスーパーやコンビニで買物をしたときにくれる(最近はくれないことも多いですが)ビニール袋と米袋です。ゴミ袋や食品保存用などに使用します。

米袋は地面に座るときなどに敷いたりも出来るし雪の斜面ではソリ遊びもできます。

⑦ロープ各種

洗濯物を干す、テントなどの補強張り綱・・・その他様々に使用できる丈夫なロープ。10m・20mなど各種長さの物を揃えておくと便利です。

⑧軍手

コレは大人より子供用に常備しています。

大人用(と言うか自分用)には皮手袋(ホームセンターなどで売っている溶接用手袋が安くてよいです)を使用しています。

⑨レトルト・インスタント食品

食事を作るのが面倒な時や昼食時などに活躍してくれます。

⑩サンダル

テントサイトではあると便利です。

テントから出入りするたびに靴(ましてブーツなんて!)を脱いだり履いたりするのは面倒な物です。私は地面や草が濡れている時や寒い時以外はコレで過ごすことが多いです。

⑪新聞紙・うちわ

焚き付け、火起こし用の道具ですが暑い時にも活躍する?かもしれません。

⑫ナタ&のこぎり

焚火族な私としては必需品。

ただ、最近は直火禁止のキャンプ場がほとんどで、中には焚火台を使用しての焚火も含め全面禁止のキャンプ場もあったりするので悲しい限りです。

⑬ハンガー

脱いだ物は丸めて置いても良いのですが、汚れてしまうこともありますのでハンガーがあると便利です。

旅行用のコンパクトな物なんかも売ってますが、このタイプなら価格は限りなく無料に近く、イザと言う時には針金として(と言うか基本的に針金なのですが)使用できると言う優れもの?です。

⑭食器洗いスポンジ

コレもまた100円ショップ商品。

小さなスポンジが16個入って100円。

我が家はキャンプに行くごとに使い捨てとしています。一度使ったスポンジってカビが生えちゃったりするし、わざわざ家に持ち帰って乾かすのも面倒。値段も安いので清水の舞台から飛び降りるつもりで使い捨て。(もったいないお化けは今のところ出ていません)

⑮ホウキ

撤収時テント内に入った草やゴミなどを掃きだすのに使用します。

テントごと持ち上げて逆さにしたり裏返しにする手もあるのですが、上品な我が家ではそのような荒技は(たまにしか)しません。その代わり蛾やカメムシと戦う際の武器に使ったりはします。

以上コンテナボックスその1とその2の中身紹介でした。

皆さんそれぞれにとって必要な物・不要な物・・・色々あると思いますが多少なりとも参考になったなら幸いです。

ここに紹介した以外で「こんな物あったら便利だよ」という物があれば是非教えてくださいね。


わが家のキャンプ道具の紹介

最新情報

2017年10月15日その他の道具
そろそろ冬ごもりかな?
2017年9月17日キャンプ以外(おまけ)
石油で儲けてウッハウハ?
2017年8月13日キャンプに行った
2017ねぶた参戦記・・・6
2017年8月13日キャンプに行った
2017ねぶた参戦記・・・5
2017年8月12日キャンプに行った
2017ねぶた参戦記・・・4

このページの先頭へ