イメージ画像

シーズンイン!です



例によってご無沙汰しております。
何とか半年に一度の更新…なんて事にならないよう更新したいと思います。テヘペロ

先週(3/28)ですがバイクを引き取ってきました。
以前は車庫があったのですが今はしがないアパート住まいのため、
冬場のバイクを保管する場所がありません。

市内のバイク屋さんに預けるとワンシーズン2万円ほど取られるのですが、
この料金内で春にはオイル交換など一通りの整備をして渡してくれます。
が、同じ市内で6千円という格安料金で預かってくれるガソリンスタンドを発見。

春先の整備などはなしで預かるだけですが、
バッテリーチャージだけはしてくれるというのでセコイ私はこちらに預けたのでした。

さて・・・
今年は春が早いですね。
雪も少なく暖かかくなるのも早いような気がします。
バイク&キャンプ好きにとってはありがたい事でございます。

 
で、先週バイクを引き取ってきまして、

メット抱えて電車に乗ってどっこいしょ。
コロナの影響かほとんど人の乗っていない電車で取りにいき、
寒いながらも良い天気だったのでとりあえず今シーズンの初走りに出かけちゃいました。

まずは「馬追の名水」へ。
長沼町にある名水の湧水地です。
こちらでおいしい水をいただき、
どこかでコーヒーでも淹れて飲んじゃおうという算段。

まぁ家からは30km程度ですのでシーズン初走りでも物足りないくらいの距離。
サクッと到着してサクッと水くみ。

こちら個人の方の土地だそうで管理も個人のご厚意。
いつまでも綺麗に利用したいものですね。

おいしい水を汲ませていただき

おじさんご満悦。

 
さてどこでコーヒーを淹れようか・・・と思案。
この水汲み場にも駐車場があるのでこの場でもよかったのですが、
脇にちょうどハイキングコースの入り口があり、
そこそこ人が通るので何となく気恥ずかしい。

ふと今来た道の先を見ると・・・
おっ!今来た道がこの先舗装からダートに変わっています。

ダートを見ちゃうと行きたくなっちゃうんですよね。なので当然突入。
この先にナイスビューポイントがあればそこでコーヒーを淹れましょう。
 

ちょいと5分も走ったら通行止め。
ですがその直前にバスの転回場があり、
そこからの眺めがグッドじゃありませんか!
転回場の端っこをちょいとお借りしてコーヒーを飲むことにしました。

バイクを降りてエンジンを止めるとキツツキの声?音?も聞こえてきます。
ナイスですねぇグッドですねぇ

早速コーヒーをば。
持ってきたミルで豆をゴリゴリしながら名水を沸かします。

お湯が沸いたらコーヒー淹れて

 

8秒くらいのところでキツツキの音も聞こえます。
BGMみたいな音楽は最後にチラッと映るプリウスのラジオかなんかの音
・・・です。
 
椅子持ってくるのを忘れちゃったんでスタンディングですが、
コーヒーはうまいです。
景色もうまい。

 

コーヒー飲んだらサクッと撤収。
これで帰るのももったいないので夕張方面を周ることにします。
 

地図はスマホをナビ代わりに。
最近は便利ですが、ナビ代わりにしてるとバッテリーの消耗が早いですね。
そこで私はバイクでスマホを充電できるようにしてるのですが・・・

あれ?充電してないぞ?
おやおやぁ?

気になりつつも夕張に到着。
いつものコースですがダムなんか周って


こんなところにもコロナの影響が・・・

 
その後夕張名物「ぱんぢゅう」なんか買って・・・

夕張に来たらいつも立ち寄るあの丘へ。

この刀はいったいいつまでここに置いとくんでしょうかね?

 
で、誰もいない駐車場で再びコーヒータイム。


ぱんぢゅうも食べながらまったり。

 
ついでにサイドカバー外してスマホ充電器の配線確認。

ん゛??
バッテリーのプラスにやたらとたくさんの配線が・・・繋がってるん・・・だが?

やられましたよ。
バイク預けてたスタンドでバッテリー充電する際に配線外したんでしょう。
んで、取り付ける際にテキトーなことしやがった・・・と。

でもさ、いくら無知でも、仮にも自動車関係の端くれだよな?スタンドって。
黒い配線2本も余分にプラスに繋ぐか?
黒だぞ、黒!
中学生でもわかるべや!

ま、間にリレー噛ませてたので大事に至らずその場でチョチョイと修正。
事なきを得ましたが・・・

次預けるときは気を付けよう・・・っていうかやっぱバイク屋に預けた方がいいかな?

帰りにチェックしたらちゃんと充電しておりました。
良かった良かった。
 

 

 

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ