イメージ画像

「第2回北海道キャンピングフェア」へ行ってみた(その1)


先日の日曜日(2012年6月3日)、
滝野すずらん丘陵公園で開催された「第2回北海道キャンピングフェア」へ行って見ました。

2日・3日の二日間行われたイベントなのですが、
初日の2日は子供達の運動会だった為二日目の3日に行きました。


イベント内容は
「テント・タープ、バーベキューコンロなどの2012年の最新アウトドアグッズの展示即売会や
キャンピングカーの展示、アウトドアならではのバーベキューをはじめとする様々な食のイベント」
と言う事でしたが、
キャンピングカーが10台程度、テントメーカー5社、
他にはレンタルバイクの紹介、道内産直品即売的な屋台、
秀岳荘(北海道ではメジャーなアウトドア?登山用品?屋さん)関連メーカーメインの出展という、
微妙と言えばかなり微妙なイベントでありました。^^;
個人的にはキャンピングカーという物には99.99999%興味がないので
その辺は華麗にスルーいたしましたが、
我が家の奥様と子供たちは結構興味深く見ていたようでした。

しかし軽のキャンピングカーって・・・

ワタシとしてはキャンピングカーでせいぜい2~3泊程度のキャンプなんてぇものは
愚の骨頂だと思ってます。
長期の旅や長期滞在(最低2~3週間以上の)キャンプならいざ知らず、
短期のキャンプならテントを張って自然を満喫したい!・・・いや、するべきっ!
と言うか、せっかくテントで寝られるチャンスなのに
箱の中で寝るなんてもったいない!と思うわけですね。

ですからキャンピングカーというものはワタシが年寄りになって、
た~んまり金持って日本一周でもするときまでは全く不必要なのであります。

 

ま、それはともかく。
興味のないところはすっ飛ばして、
テントの展示コーナーへ。

ワタシの見た順番はロゴス⇒オガワ⇒コールマン⇒スノーピーク⇒ニーモの順。

まずはロゴス

ワタシ的に目を引かれたのは
スペースベースデカゴン」&「スペースベースオクタゴン」。

大きさの違いがわかりますね。

どちらもワタシ的には我が家の次期スクリーンテント候補か?と思っていたのですが、
双方とも結構でかいので現物を張って展示してる店もなかなかなく、
ふたつ並べて現物を確認したのは今回が初めてでした。

とりあえず今回の現物確認で「デカゴン」はなくなりましたね。
デカゴン内に就寝スペースを設けても並みのスクリーンテントより
はるかに広いスペースが残ります。
このデカサはたしかにデカゴン!と言う感じ。

まぁ悪くないと言えなくもない(我ながら歯切れ悪いなぁ)のですが、
フレームはグラスファイバー、それでこのでかさを支えるのは・・・大丈夫?
それと収納サイズの長さが150cm位になるのは
パッキング上かなりの制約があるので
実際の運用上問題ありと判断。

「オクタゴン」はそこまでではないにしろ、
フレームの材質はやはりグラスファイバー(強度的な不安が付きまといます)だし、
収納サイズ(長さ)は120cmと、デカゴンよりはなんぼかマシといったところ。

また、どちらもドーム型のためサイドウォール(壁面)の傾斜があり、
壁際ぎりぎり部分は実際のところ荷物置き以外には使えないのでは?と言う気がします。

まぁ、その分デカイから良いのかも知れませんが・・・
逆に言えばその分無駄にデカイともいえる気がします。
フレームがジュラルミンとかなら考える余地ありそうですが・・・残念。
続いてお隣のOGAWAですが、ココはチト飛ばして・・・

コールマン行って見ましょう。

これはねぇ・・・相変わらずトホホなテントばかりでがっかりでしたね。
いい加減永いことテント作ってるんだからもう少しまともな商品を発売して欲しいところですね。

あまり現物を見ることが少ないウェザーマスターのツールームが張ってありましたが、
オガワなどに比べると生地はたるんだ感じ(張り方が悪い?)だし、
フレームポールはなんか妙に太い部分と細い部分がある。
部分によってこんなに変えないと強度保てないの?って感じです。
コレだけ太さに差があると、その繋ぎ目辺りに大きな力が加わって・・・ギャッ!
ってなことにならないか気になってしまいます。

フレームの取り回しにも芸がないというか、未だに何の変哲もないクロス構造ですね。

その割に値段だけは一人前で・・・
あまりキャンプやったことのない人なんかがコールマンの名前で
「あ、知ってる」「このメーカは有名だから・・・」とか言って買っちゃうのかなぁ。

まぁ有名「レジャー用品」メーカーだから・・・良いのかも知れませんが。

ワタシとしてはコチラのコーナーは全く見るべきものがありませんでした。
(そんなわけで写真も撮ってません)
続いてはスノーピークを見ましたがコチラも後でお話しするとして、
一応見たニーモのお話を先にしましょう。

モンベルコーナーのすぐ脇に張られてたテントがニーモのテントだったのですが、
モンベルはグッズの展示即売がメインの出展でテントはナシ。ちょっと残念でした。
ヘリオスドームとか張ってくれてたらデカゴンと比べられたのになぁ・・・

そのニーモのテントがこちらの↓テントなんですが、

なぜかモンベル脇に・・・

モンベルコーナー向かいに出展してたイワタニプリムスの関係だと思われます。
何の説明もなく張ってあるだけでせっかく出展している意味がないような気もしましたが。

あまり見かけないテントですが、
チャリやバイク等にはパッキング面でむいているのではないかと思われます。
逆にファミキャンには不向きかもしれませんが、
オプションも豊富で使いようによっては悪くない気もします。

使っている方、いらっしゃいましたらどんなもんだか教えていただけませんか?

そんなわけで次はいよいよOGAWAとスノーピークについて語るのだぁぁぁぁぁ

つづく・・・

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ