イメージ画像

函館観光キャンプ・・・1日目の2


姉さん!事件です。

・・・ってドラマに出てた俳優さんは私生活も事件になってるようですが、

我が家も不幸な事件に襲われたのでありますっ!

そ、それは!


キャンプ場立ち退き!

何でも我々がキャンプ場入りする二日ほど前(8月13日)に、
強風により夜中に場内の木が折れてテントを直撃したのだとか。(((゚Д゚)))コワー

その時に怪我人が出たかどうかは聞きませんでしたが
とにかくそんな事件があり・・・

我々が設営した8月15日も天気予報では夕方から風が強くなって荒れるとの予報。

どうやらお役所が「これで何かあったらまずいのではないか」
と判断した模様でキャンプ場自体を閉鎖するとの事。

キャンプ場を閉鎖するのが事故のあった日の二日後というのはなんとも・・・
対応が遅く、お役所仕事と言う気もしますが、
時期的にお盆ですからね、担当者とかお偉いさんが不在だったりしたのでしょうか?

まぁともかく役所の担当者らしき人二人と警備会社の方数人がキャンプ場内を周って
「閉鎖=撤収してください」と拡声器で知らせてきました。

昼に設営したテントを16時に撤収であります。TT
設営する前に言って欲しかった・・・

とは言え愚痴っても仕方がないので急いで撤収します。

キャンプ場を後にする際、
警備員の方が「申し訳ありませんでした!」と最敬礼して送ってくださり
この方が悪い訳でもないのにこうした対応をしてくださることに
気持ちがちょっとホッコリしましたね。
プロですね。ウン、見習いたいものです。

で、急遽車内でキャンプ場ガイドを開いて家族会議すること5分。

時間も時間なのであまり猶予はありません。
決めたのはきじひき高原キャンプ場

約23kmの移動です。

きじひき高原キャンプ場は北斗市にあり、
函館市内の観光や江差観光を考えれば東大沼よりもベストな場所に位置するキャンプ場です。

ではなぜ当初東大沼キャンプ場に宿営しようとしたのか?
湖畔では子供たちも遊べますし、なんと言っても聖地マ○スキ村ですから。
(わかる人だけわかるかと思います^^;)

砂遊びするチビむす。この時はまだのんびりしてましたが・・・

ま、とにかく急遽決めたキャンプ場へ電話で状況を確認。(混み具合とか)
問題なく設営できるとのことでしたのでダッシュで向かいました。

料金は1泊300円。
これでテント+スクリーンOK。ごみも処理してもらえます。

到着して受付を済ませたら今にも泣き出しそうな空の下、大急ぎでテント設営です。

・・・と、ココで更なる悲劇が!

「あ”っ!フライが破れてるっ!」 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ショックすぎる~~~TT

恐らく慌てて撤収する際、どこかに引っ掛けてしまったのでしょう。
数箇所にわたってカギ裂き状に破れています。

10年以上に渡ってこれと言った不具合もなくがんばってきた我が家のテントが・・・
こんなに長期間使っても防水バッチリのテフロン加工のフライが・・・orz・・・まさにorzの気分・・・

ショックではありますが打ちひしがれている時間はないようです。
雨が・・・雨が降ってきました。OH!MY・・・

これまた急遽ですが、
持っていたブルーシート(以前レジャーシート代わりに100均で購入。)を
フライの上から被せて何とか雨をしのげるようにしました。

↓こんな感じ(この写真は翌日撮ったものですが)

鳩目穴も開いていないただのシートですが、
そこは昔取った杵柄(キネヅカ)。
昔はド○シー職人と言われたもんだぜぃ!

と、テントとスクリーンを張っているうちに雨は本降り。
パンツまでビショビショになってしまいましたが
何とかテント内を濡らすことなく設営することが出来ました。

って言うか設営終わったら雨上がったし。 (`ε´)

もう飯の支度も何もする気力なく、
もとより外食メインの旅にするつもりだったし・・・と自分に言い訳。

夕食は函館ラーメンを食べに行くことにしました。

行ったのは「昭和苑」さん。
これが旨い!そして安い!ご主人も奥さんもとっても良い人!
すんばらすぃ~~~~お店で、
今日一日のグダグダ気分も吹っ飛びました。

このお店の詳細はコッチのブログで読んでくださいね。
ラーメンうま~~~~~~~~

とにかく安くて旨いラーメンです!
函館行くなら絶対お勧め!

という事で函館キャンプ旅行、波乱の初日はぐったり疲れましたが・・・
最期は美味しいラーメンでシメましたので良しとしましょう。

今日は早く寝て、明日は今日の分まで挽回するのだ~~~っ!

(函館観光キャンプ・・・2日目の1に続くのだ)

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ