イメージ画像

2018ねぶた参戦記・・・その5


ついに最終日になってしまった今回のねぶた。

今回は家族連れで行ったわけですが、
家族全員それなりに楽しんでくれたようで
連れて行った父ちゃんとしてはまぁよかったよかった。^^

でもそうは言っても「また来年来たい?」の質問に
「来たい来たい!」と答えたのは娘のみ。
奥様とお坊ちゃまは
「楽しいのは楽しかったけどちょっと疲れたな。」
「来年は・・・ま、もういいかな?」
といまひとつの反応ではありますが。

なんつっても一番楽しんでるのはワタシなわけで、
この辺は仕方のないところかとは思っております。

さて、本日最終日。
日中の運行には参加しませんでしたが、
夕方からは海上運行と花火大会がありますのでこちらは楽しみであります。

強い風のお天気も徐々にではありますが回復しつつあるようで、
花火大会の開催などには影響はなさそうです。

 
夕べは朝方4時頃まで飲んでいたわりに今朝は朝9時過ぎには目が覚めまして、
思ったよりは頭もすっきりしております。

軽くお茶でも飲みましてからボチボチと撤収作業開始です。

自分のテントはサクッとたたみ・・・
の、つもりだったんだけど床面は濡れているし乾かそうとしたところアクシデント発生。

風が強くテントがあおられて、それを抑えようと無理に力を入れちゃったんですよね。
そう、その通り。
ポールがポッキン・・・

アチャーやってもーた
・・・と思っても後の祭り。

そう、まさに祭りの後のアクシデントな訳ですが、
まだまだ新しいテントなので部品供給は問題でしょう。
返ったら秀岳荘へでも行って部品注文しますよ。トホホ・・・
 

若干落ち込むアクシデントはあったものの撤収作業はのんびりと昼までにはOK牧場。
 

腹も減ってきたので家族4人で最後のメンラーを食いに。

今日は「あごだし中華彦や」さんへ。
煮干といっても「アゴ」つまりトビウオ出汁なんですね。

と、ところがこれが行ってみたら定休日orz
 

残念ですが仕方がないので彦やさんは来年の楽しみに取っておくとして、
近くの「長尾中華そば 西バイパス本店」さんへ。

コチラはおみやげ屋さんでもお持ち帰り商品が販売されている所謂有名店ですがいかがでしょうか。
 

ふむふむ、やはり人気が有るようで店の前には数名ですが行列が。
我々もその列に並びますが、回転は速いようで10分も待たずに店内へ。
DSC_0876b

ワタシのオーダーは煮干MAXと餃子
DSC_0878b

ん~これは確かにMAXな感じ。
麺の上にかけられた・・・と言うよりドッカリ乗せられた魚粉も凄いぞ。
DSC_0880b

こりゃ煮干好き以外の人は無理そうです。
この魚粉は麺の上だけではなくスープにもたくさん入っているようで
スープをすくえば・・・
DSC_0879b
こんな感じ。

どれどれ、それではいただきましょう。

・・・ん?・・・あれ?
言うほど煮干くさくない。=物足りない感じ。
見た目は結構インパクトがあるけど味的にはインパクト薄っ!
ん~微妙だぞ、これは。

これなら昨年行った
青森煮干らーめん きむらや」の方が全然旨い。

こく煮干塩味を注文したミカも「麺がうどんだよ、これ」とがっかりモード。
ちょっと食わしてもらったけど、確かにラーメンの麺と言うよりはうどんですな、これは。
色も白くてラーメンの太麺と言う感じではない。まさにうどん。

ん~まぁ人それぞれ好みはあるのでなんとも言えませんが、
個人的には申し訳ないが再訪はないな。って気がします。
最後に旨いラーメン食いたかったんだけどなぁ・・・残念。

 

と言うことでちょっと残念でしたがラーメンの食い納めも終わりキャンプ場へ戻ります。

キャンプ場へ戻ってもテントその他一切合財は撤収してしまったのでいる場所も無く、
ミカと子供たちはフェリーターミナルでお昼寝&TV観賞。

ワタシだけがキャンプ場へ戻って呑み。
缶チューハイ3~4本呑んだくらいで眠くて椅子に座ったまま寝ちゃいました。

 
しばらくすると花火の時間だよ~と言う事で起こされまして、
キャンプ場で見てるのも寒いと言うことでフェリーターミナルへ。

フェリーターミナル2階からは花火見物のベストスポット。
風が強かったり寒かったりするときはココからの見学がベストですな。

ただフェリー乗船用のタラップ(っていうのか?)が若干邪魔になるのが玉に傷。
写真撮影するときはやはり外からがよろしいようで。
DSC_0894b
まぁ携帯写真なのでどうせこんなもんですが。

 
花火が終わると今年の夏も終わりだなぁ・・・と寂しい気分になっちゃいますな。
また来年まで一年は長い。・・・長いけれど必ず来年は来るからね。

また来年のねぶたを楽しみに頑張ってお仕事しましょう。
 

花火のあとはキャンプ場に戻って再び(みたび?よたび?・・・もうわからんけど)呑み。
フェリーの時間は2:40なんですが乗船手続きの時間もあり、
余裕を見て23時頃まで飲んでフェリーターミナルへ。

フェリーへの乗船はお酒を飲まないミカさんにお願いしましたよ。もちろん。
 



フェリーでは普通の2等でしたがそれほど混んでいなかったこともあって
ちゃんと場所を確保できました。・・・けどちょっと寒かった。(エアコン効きすぎ)

フェリーは定刻6:00に函館港着
DSC_0902b

函館からは一路高速を走り、
途中有珠SAで一度休憩したのみで昼前には自宅に戻りました。
DSC_0903b

いやぁ最終日はやはり堪えますな。疲れた疲れた・・・
しかしまぁ皆無事に帰ってこれました。

色々と文句もあるでしょう。
疲れもしたでしょう。
足も痛いでしょう。
・・・でもね。楽しかったといってくれる君たちの笑顔があれば父ちゃんはうれしいのだよ。

来年は家族での参加はなさそうだけど、
娘は一緒に行くって言うかなぁ?
父ちゃんと娘の二人旅って言うのも、それはそれで楽しみだったりするんですけどね。
 

 
そんな今年のねぶた参戦記でした。
正直なところ我々の仲間も毎年大体同じメンバーが集まってますのでね。
そんで毎年同じことしてるだけなのでブログに書くこともマンネリ化しつつありますが、
自分的備忘録要素もあるので勘弁してください。

ちなみに備忘録で思い出しました。
このねぶた旅行。
家族(大人)4人。8月3日夜出発・8月8日昼帰着
往路(高速 札幌南~苫小牧)(フェリー 苫小牧~八戸)
復路(フェリー 青森~函館)(高速 大沼公園~江別西)
で、お土産からガソリン代から何から何までぜ~んぶコミコミでかかった費用は約14万円。
安いっちゃ安いのではないでしょうかね?

その辺も踏まえて・・・来年当たりねぶたに行ってみたい方いませんかね?
少し新しい仲間を増やさないとマンネリ化が・・・と思う今日この頃。
行ってみたい方、我々の仲間に入ってみたい方いませんか~(いねぇだろうなぁ)

 
おしまい

関連ページ

スポンサーリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ